周囲の環境や人間関係によってカバーされていた場合です。学校では、決められた日課に沿って生活し、与えられた課題をこなしていれば、人付き合いが苦手であってもあまり問題にはなりません。勉強ができれば、多少場違いな行動があっても、先生や親がフォローしてくれるでしょう。

出典なぜ大人になるまで見過ごされるのか|大人の発達障害ってなんだろう? - 大人の発達障害|NHK福祉ポータル ハートネット

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

大人になって気づくことも多い?大人のアスペルガー症候群の特徴

発達障害のひとつで、コミュニケーション能力などに偏りが見られるという特性があるアスペルガー症候群。自閉症との違いは、言葉の発達の遅れや知的発達の遅れがないと一般的にされています。また、大人になってアスペルガーと気づく人も多く、家族がカサンドラ症候群を発症するなどのリスクも高くなるようです。

このまとめを見る