1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
6 お気に入り 52279 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼多数の犠牲者を出した火災

18日午前10時半ごろ、京都市にあるアニメ制作会社のスタジオから、爆発音とともに火の手が上がった。

火災が発生したのは、京都市伏見区の京阪電鉄六地蔵駅北側の閑静な住宅街にある京都アニメーションの第1スタジオ。

犯人について・・・

また、現場付近には携行缶やバケツのようなもの、ハンマー、台車、リュックなどが残されていて、手提げカバンの中に包丁数本が入っていたとみられるということです。

身柄を確保された男は、「パクりやがって」と叫んでいたという。

本当に本当に京アニが大好きです。ご冥福をお祈りします。

今回の京都アニメーションの事件でお亡くなりなった方にご冥福をお祈りいたします…。

京アニのことはよくわかんないけど放火のニュースの詳細とか目撃者の話とかテレビで観て怖くなって泣いてしまった。亡くなられた方のご冥福をお祈りします。 #京都アニメーション

▼今回の放火にはガソリンが使われた

石油系液体燃料は,「燃えやすく」,「発熱量が大きい」というその性質により,火災発生のリスクが高く,ひとたび火災が発生すると,燃焼を制御することが困難となり,重大な火災被害を起こしやすい。

燃料としては,長所である 「液体で流動性が高い」という特性から,漏洩が発生した場合に広範囲に拡散するため,火災被害が拡大しやすい。

通常の火災は室内の温度が1000度以上は上がらないが、ガソリンは場合によって1500度まで上昇する。これは鉄が溶けるような熱さで火炎を浴びただけで息ができなくなる。

ガソリン、揮発性高いし燃焼温度も高いし最悪すぎる

ちょっと、防火管理講習テキストを見てたら、ガソリンってー40度以下で引火するんだな。何時でも火をつけることが可能で、怖いわ。 ちなみに発火点は300度でした。(その温度になると自発的に燃える温度です)

ガソリンの引火点は-38℃でこの温度以上あると燃焼に必要な気体となったガソリンが空気中にある状態になる(ちなみにガソリンの燃焼範囲は1.4vol%~7.6vol%)

▼さらに専門家によると・・・

ビルなどの空気がこもりやすい空間にまかれた状態で火をつけると、一瞬で爆発的な火災になる」と指摘。

最初の放火から1階が火の海になるまでかなり短い時間で広がって、そこからいきなり炎が2階にいってしまったということになると、2階から避難をする時間が稼げなかった可能性が高いと思います。

1 2