1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

知ってる人は知っている。剛健「ドイツ製家電」がブームの兆し

丈夫で長持ちするドイツ製の家電がブームの兆しです。

更新日: 2019年07月19日

34 お気に入り 27102 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■ドイツ製の家電がブームの兆し

ベンツやBMW、モンブランなど、日本人に根強い人気のドイツ製品ですが、今、家電の世界でもドイツブランドへの注目が集まっています

自国民にも愛用されるメイド・イン・ジャーマニーの家電製品の人気の理由は、その優秀さにある

ドイツ製の電化製品を、機能的でインテリア性も高いオシャレな家電と捉えている人は日本でもかなり多い

■その特徴は機能性が高く丈夫で長持ち

具体的に言うと、ミーレは20年間、壊れずに使えることを想定して設計されています。そのために、普通のメーカーが樹脂を使う部分に金属を使う

ミーレはドイツを代表する家電メーカーです。

ドイツのキッチン家電を買った人に理由を聞いてみると、「かっこいいから」という惚れ惚れした眼差しが返ってきます。ドイツ家電の特徴のもうひとつが、デザインの美しさ

■今話題になっているのがケルヒャーの水拭きモップ「FC 3d」

水拭きできるコードレスクリーナーが登場するという。それが今回紹介するケルヒャーのフロアクリーナー「FC 3d」

ケルヒャージャパンは、回転ローラーで床を水拭きする「フロアクリーナー FC 3d」を、7月18日に発売する。価格はオープンプライス。直販価格は39,800円。

「FC 3d」は、業界初※となる「常にきれいな水で清掃し、汚れはタンクに回収する」独自の清掃メカニズムで、床の水拭き掃除を快適にする

■常に綺麗な水で掃除することができるのが特徴

ヘッド内部に装着されたブレードがローラーの汚れを絞り取り、汚水タンクへ回収するというもの。そこに、きれいな水が供給される

ヘッドカバー裏にブレードを備え、泥汚れやこぼした液体なども掻き取り、汚れを床に広げずに水拭きできる

■そして「ミーレの洗濯機」だ

ミーレは1899年にドイツで創業した家電ブランドで、ランドリー機器や掃除機、食器洗い機、調理機器などビルトインタイプの家電を多数そろえている

衣類の素材や色、汚れの内容に応じて、時間、温度、水量、脱水回転数などを調節可能なプログラムを20種搭載し最適な洗い上がりを実現できる

7月1日に発売された「W1洗濯機 WCI660 WPS」についての説明です。

また、全てマニュアルで細かく設定することも可能でMax90°での温熱殺菌も行うことができる。

同じく「W1洗濯機 WCI660 WPS」の説明です。

■ちょっと価格が高いのが欠点かな…

とはいえ、長く使うことが出来ると考えたら安いかも?

気になってるミーレの洗濯機…調べたらいいお値段でビックリしちゃったわ

ミーレの洗濯機、200V必要だったり、床がコンクリート張である必要だったり、スペースがかなり必要だったりして、家買うかって気分になった。

1 2