1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

品質以上に驚くUoni由利セラミック包丁!環境に優しい新素材ジルコニア・ファインセラミックスを採用し、薄刃で切れ味が良い、錆びがない、漂白除菌OK、酸やアルカリに侵されない、食材の風味を損ないません。フルーツのカット時に金属の匂いを嫌う人におすすめします。ご年配の方、女性の方でもお使いのは簡単です。

ジルコニア・ファインセラミックスとは、“酸化ジルコニウム(ZrO2)”のことを、一般的に言っている呼称です。耐熱性、耐食性、低熱伝導性、高強度などの特製を持っている、歯科専門の“義歯”にも使われいる素材です。

セラミック包丁の長所
・薄刃で切れ味がよい
・軽量なため、女性や高齢者でも疲れないで使える
・非金属なので錆びないことと、肉や魚に金属臭がつかない
・柑橘系の果実を切っても酸に侵されない
・鋼のように“焼き”が戻ることがないので、食器洗浄機でも洗える
・抗菌タイプの加工がし易いので、抗菌タイプの製品もある
・圧倒的に長切れがする
・カラフルで明るい製品が作れる

前使っていた包丁が劣化で折れてしまったので新しく違うメーカーさんのを
購入してみました!
やはり見た目とは違い切れ味はバツグンです!ただ私が左利きなので少し使いずらい感じがあります。
それ以外は最高です

切れ味長い続き、錆びない、漂白除菌OK、食器乾燥機が可能、食材をスムーズに切れでき、ファインセラミックは金属イオンを出さないので、酸やアルカリに侵されない、食材の風味を損ないません。 それはセラミック包丁の特徴です。

セラミック包丁の短所
・金属包丁から使いかえると、当初は軽すぎてコントロールが難しい
・硬く、弾性が乏しいため、歯先が硬いものに当たると欠け易い
・カボチャなど、固くて大きな物を切るときに、重さがないのと弾性が乏しいので切りにくい
・大きく重く硬いものを切るときに、弾性が乏しいので刃自体を折ってしまうこともある
・重さがないので、大きな魚体の魚を捌きづらい
・同様に鶏などを卸すことも難しい
・刺身を引く時に、包丁の重さで刃が身に入っていかないから切りづらい
・普通の砥石では研ぐことができない
・刃が軽すぎて、持った時のバランスが悪いので、包丁慣れしている人には使いづらい

研ぎ方
研ぎの問題は、“ダイヤモンドシャープナー”を使えば新品とまではいきませんが、ある程度の切れ味は確保できます。それで納得のいかない方は、有償ですがメーカーに送って研いでもらうことで解決はできます。しかし、研ぎに出している間、別の包丁が必要になることは言うまでもありません。

先日、セラミック製のこれを購入。

金属製と比べて、どうなの?って感じでしたが

これがなかなか素晴らしい❗

野菜の切れ味もよし❗(笑)

ビューラーも気に入って、良く使っております。

さあ、これで益々、男の料理の

腕がアップしそうです

#セラミック #セラミック製 #セラミック製ナイフ #切れ味よし #ビューラー

更に砂糖も入れて練る研二! 汁を作るキャンさん!ちゃんと顆粒だし、料理酒、みりん、醤油で味付ける。 長ネギを刺身みたいに削ぎ切りのように切るうぱ!セラミック包丁って結構切れるんだな〜って関心しながら見てたwww あと、玉ねぎざく切りと椎茸(丸ごと)を汁で煮て、そこに芋団子投入(大きい)!

こないだの きょうの料理 久々にセラミック包丁見たわ ちゃんと愛用してる先生いるんだな pic.twitter.com/8oEMHm1BfM

#セラミック包丁 #包丁 #包丁セット #セラミックナイフ #刺身包丁 #三徳包丁 #牛刀包丁 #出刃包丁 #ナイフ #ステンレス #日本製 包丁 #ぺティナイフ #フルーツナイフ #小型ナイフ #キッチンセット #セラミックピーラー #キッチンナイフ #両刃包丁 #ピーラー セット #料理用包丁 #シェフナイフ

1