1. まとめトップ

夫婦円満でいるための秘訣まとめ

夫婦円満でいるためのコツをまとめました。

更新日: 2019年07月19日

5 お気に入り 1857 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

samwellさん

結婚生活を永く続けていくためにも夫婦円満でいたいものですね。でもどんな仲良し夫婦でも、一緒に居る時間が長くなればなるほど摩擦も生じるはずです。そんな摩擦を乗り越えて円満夫婦でいるための小さなコツを集めてみました。

「ありがとう」を伝える

感謝されて嫌な気持ちになる方はいません。
感謝の言葉がないと、逆にものすごくイライラしてきてしまいます。

もっとも当たり前のことですが、これがもっとも大切なことですよね。いちいち言わなくても伝わるよね…と面倒くさがらず、言葉にした方が良いです。言って損をすることはないでしょう。

相手を褒める

いくつになっても相手の容姿を褒めることを忘れないようにしています。

大人だって褒められるとやっぱり嬉しいものです。容姿に関してだけでなく、料理が上手、センスが良い、面白い、頼りがいがある…など、些細な事を褒め合える関係って素敵です。

ケンカした時のルールを決めておく

喧嘩は翌日に持ち越さない、子供の前では喧嘩しない、などルールを設定しておくと、喧嘩の泥沼化を防ぐことにつながります。

長い結婚生活、ほぼ毎日一緒に暮らす相手ですから時にはケンカもするでしょう。ケンカをしないように気を付けるのではなく、ケンカした時にはどうするかを夫婦で事前に決めておくけばいくらか気も楽です。

肩の力を抜く

全部をまじめに受け止めてしまうと、大変です。 私はある年齢くらいから適当にする力を身に着けました。

良い関係を築きたいという想いが強いあまり、すべてに全力で向き合おうとしてしまうこともありますよね。でも力が入り過ぎるとかえって上手くいかないことも多いです。良い意味で適当でいることも必要です。

不満を紙に書く

「殴る「のではなく「書き殴る」のです。書くことで感情は手放せます。そこにピンク色を取り入れ効果を倍増。

不満や愚痴は溜め込むのが一番危険。かといって感情に任せて際限なくに相手に叩きつけるのもよくありません。まず一旦紙の上に吐き出してみると、それだけでもだいぶスッキリします。ちなみにピンクは怒りを和らげる効果がある色らしいですよ。

スキンシップをなくさない

体の距離は心の距離に比例するので、たまには手をつないだり、家にいたら寄り添ってみたり、ハグしたりして、愛を確かめあうのです。

スキンシップには心の繋がりを強める効果があります。結婚してさらには子どもが生まれて家族という形になっていくと、どうしても夫婦の関係はサバサバしたものになりがちですが、恋人時代のような気持ちを捨てる必要はないのです。

1