1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

実は飲み終わった後の牛乳パックはまな板代わりになる!

牛乳パックを切り開いてひろげ、まな板代わりになります。ニオイがつきやすい魚や肉などをさばく時に重宝します。野菜を細かく切って鍋やフライパン移すときもそのまま持ち上げてパックの折り目を使って入れれば散らばりません。

牛乳パックをまな板にするのおススメ! ・使ったら捨てる! ・まな板洗う必要ゼロ! ・牛乳パック頑丈! まな板の出番が無くなりました。 #チームおかん #ズボラ党 pic.twitter.com/o31D3Fpk8j

まな板洗うの苦手なので牛乳パックの裏を使う。使ったら軽く洗って干して捨てればオーケー! pic.twitter.com/7ZTTNifpS8

牛乳パックまな板はマジで優秀 使い捨てだから衛生面も抜群だぞ♡

玉ねぎを飴色になるまで炒めるなんて大変...

カレーやビーフシチューなどのレシピに「飴色玉ねぎを・・・」といった記載がありますよね。玉ねぎを飴色に炒めるには鍋につきっきりで炒め続けて数十分、量が多ければ1時間近くかかることも。

ですが、玉ねぎを冷凍すると細胞内の水分が凍って細胞壁が壊れてしまうので、短い炒め時間で飴色にできるのです。

みじん切りした玉ねぎを冷凍すると10分で飴色玉ねぎが出来るらしい!さっそく明日はカレーにします #カレー曜日 pic.twitter.com/uLjElZvCP3

#料理豆知識 冷凍して旨みを増やす。 きのこ類は冷凍すると、 旨味成分の一つである「グアニル酸」が多く出るので、 新鮮なきのこは、 保存も兼ねて冷凍してしまうのも一つの手段です。 玉ねぎもみじん切りして冷凍保存をしておくと、 「飴色玉ねぎ」を作る際時短につながるので良い感じですよ。 pic.twitter.com/juG8VhDiJv

息子くん弁当 カリカリベーコンご飯 ビーフカレー カレーに入れる玉ねぎは 飴色玉ねぎにした方がグンと美味しさアップ٩(*´︶`*)۶ 玉ねぎのみじん切りを冷凍してから炒めると時短で飴色玉ねぎができるんですよ〜d(≧▽≦*) 今日は次男が喜ぶカレー弁当 pic.twitter.com/nUxoOs3FiS

今日のリクエストはハンバーグだったので、おうちびっくりドンキー✨ 葉物が高くても、大根サラダでいいじゃないか! 一応 葉物も食べるけどねw #Twitter家庭料理部 #日本自炊協会 自宅支部 玉ねぎはみじん切りにして冷凍すれば、繊維が壊れて飴色にしやすいですよ^^* pic.twitter.com/JGOhaRM6V3

玉ねぎは飴色になるまで火を通すと時間がかかるからさ…。こうやって前もって切った玉ねぎを冷凍しておくと火が通りやすくなるんだって。

レトルト食品って温めるのに結構時間がかかる...

レトルト食品を食べるとき、最小限の水と時間で温めることができるのが、卵焼き器を使う方法。

フライパンでもOK ですが、コンパクトな卵焼き器のほうがより水量やガス代が節約できてエコ。洗いものも少なくてすみます。

ネットで見た、卵焼き器でレトルト温めるの時々やるけど、すぐ沸くし節水にもなるしでマジで便利。閃いた人すごい。 pic.twitter.com/NfwxlpDTHj

レトルトの温め方はTLのガイドラインに従って卵焼き器を使用してください pic.twitter.com/uE7kAHvfGX

ラッピのカレーこれ甘いwwww レトルトカレーを温める時には卵焼き器がお役立ち(時短) pic.twitter.com/wzNH4zOlLe

もやしは袋のまま洗うととっても楽ちん!

もやしをざるで洗うと「網目にひげが引っかかって後片付けが大変!」なんてことありませんか?

1 2