1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

香港で広がっているレノンウォール

a picture at the dalian tunnel in tai po. The children are so hard to write "Hong Kong people" on the Lennon Wall pic.twitter.com/s6Ssz6a06p

連儂牆走進今年書展也很正常吧。 Lennon wall as decoration and real Lennon walls in Hong Kong Book Fair 2019, Hong Kong Convention and Exhibition Centre, Wan Chai. #antiELAB pic.twitter.com/gXW2jk2fhN

抗議の意志を示す方法として香港で今、
急速に広がっている活動があります。
「レノンの壁(レノンウォール)」
地下鉄の駅や高架下の壁にそれぞれの考えや
思いを書き込んだメモ用紙を貼っていく取り組みです。

「レノンの壁」は
1980年代の共産主義体制下のチェコスロバキアで、
若者たちがジョン・レノンの死をしのんで
メッセージを記したという壁で、自由を求める声で
あふれたことから圧政への無言の抵抗の象徴とされています。

香港各地で50か所をこえるとみられ、
なかには50メートル続く地下道の壁いっぱいに
メッセージが貼られている場所もあります。

駅の壁や香港以外でもレノンウォール活動が広がる

警察などの妨害にあって剥がされたりしている

少し前にはレノンウォールを守る男性が、13発殴られる事件も発生

レノンウォールを守る男性を
13発殴った男はその後逮捕された

▼香港吉野家 レノンウォールに貼られている「竹輪無罪」の壮大な話

七夕の願い事を見るかのようにギャラリーが集まる。 ここはもうある意味観光地。 「糞食う犬の吉野家」とかバンバン書かれているのに、これを剥がしもせずに、平然と営業している香港吉野家強すぎて泣ける。 そして、中でファミリーで鍋食ってる内地の中国人観光客はもっと強い・・・ pic.twitter.com/ScOEXcjadE

今日は荒らされた吉野家に貼ってあったポストイットの「竹輪無罪」の意味を香港ネイティブから「これは日本人にはわからないと思う」と前置きされてから、10分くらい説明されてようやくわかった。 ごちゃごちゃ書いてあったレコードチャイナの記事はコレのこと言ってたのね。 pic.twitter.com/5LTBmBAn9i

なぜこのようにして、香港吉野家は襲撃され、香港の警察が竹輪になり、それでもなお「竹輪無罪」なのか? ①香港で20年以上前に『忍者ハットリくん』が大人気だった。まずはここから始まる。 pic.twitter.com/XrhYGiBAFW

1 2