1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

プロのグラマー

Solarivoreさん

Macの新OS「Catalina」ではiPadとの画面連携が可能に

今秋アップデート予定のCatalinaではMacとiPadを簡単に連携し、サブディスプレイとして活用可能になる。

スマホやMacBookに使うタイミングを奪われがちなiPadの新たな活用法が増える、Catalina目玉の機能だ。

秋まで待てない?Apple公式のBetaプログラムに参加(無料)すればCatalinaを利用可能

Betaプログラムに参加

AppleIDでのサインインを求められるのでログインする。

Macをベータプログラムに登録

BetaアップデートをしたいMacで次のURLにアクセス
https://beta.apple.com/sp/ja/betaprogram/guide?locale=ja

「macOS」のタブに切り替える

「お使いのMacを登録してください」をクリックすると、公式の手順が表示されるので、
それに従ってインストールでCatalinaがインストールされます。

iPadをベータプログラムに登録

BetaアップデートをしたいiPadで次のURLにアクセス
https://beta.apple.com/sp/ja/betaprogram/guide?locale=ja

「iPadOS」のタブに切り替える。

「お使いのiPadを登録してください」をクリックすると、公式の手順が表示されるので、
それに従ってインストールでiOS13がインストールされます。

画面連携機能「Sidecar」

CatalinaにアップデートしたMacと、iOS13にアップデートしたiPadを同じWi-fiに接続

macの上部メニューバーAirPlayアイコンから接続先としてiPadを選択するだけ

ただし現時点でSidecarが使えない個体あり

上記の手順でSidecarがつかえない場合、裏技で使えるようにする方法があります。

操作は簡単ですが、システムを書き換えるので仕事で使うメイン機には使わず、自己責任で行ってください。

Appleによる制限を書き換え

terminal.appを起動

コマンド+スペースで出てくる検索バーに
「termina.app」と入力しエンター

「黒い画面」にコマンドをコピペ

defaults write com.apple.sidecar.display AllowAllDevices -bool true; defaults write com.apple.sidecar.display hasShownPref -bool true;

1 2