1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

いつだって子供は水遊びが大好き!大人気の『ビニールプール』

子供時代は水のある場所で遊ぶのが楽しくて仕方ありませんでした。お出かけする時間はないけれど、子供をプールで遊ばせてあげたい時にぴったりなビニールプールをまとめました。今は可愛いのがたくさん出ていますね♪

更新日: 2019年07月20日

12 お気に入り 19775 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chica.kさん

◆お子さんが大好き♪ビニールプール

■オープンタイプ

■屋根つきタイプ
        
■遊具つきタイプ

etc...

夏が来ると子供にプールに行きたい、海に行きたい、と言われることがあるかもしれません。そうはいっても、連れていくのはなかなか大変ですよね。そんなときに便利なのがビニールプールです。

ベランダやバルコニーなどに置ける小型タイプから、ファミリーで楽しめる大型タイプに加え、最近では大人数で楽しめる特大タイプも販売されています。また、屋根や滑り台などの仕掛け付きのゴージャスなものも人気です。

◆ビニールプールで遊ぶ時の注意点

「対象年齢に合ったものを選ぶ」

水に慣れていない小さい子供の場合、メーカーが指定した対象年齢に合わせて使わないと、水が深すぎたり、出入りが難しく転倒したりなど、思わぬ事故につながる可能性があります。そのため、対象年齢に合ったものを選び、安全に使いましょう。

遊ばせるときは必ず保護者がそばに付いて見守ってくださいね。子供だけでのプール遊びは絶対にさせないよう、注意してください。

「設置場所&クッション性を確認する」

ビニールプールの設置場所は、傾斜がないところが安全です。また、地面がコンクリートなどの硬い素材の上に設置する場合は、ビニールプールの底が擦れて破れてしまう危険があるので、クッションシートやブルーシートを下に敷くようにしましょう。

コンクリート部分にプールを置いて使おうとしたとき、プール底が1枚の薄いビニールで作られていると子どもがプールで転倒してしまうと大変危険です。プール底にクッション性のあるビニールプールを選びましょう。

「熱中症や日焼け対策をしっかりする」

夏の紫外線による日焼けは子どもの肌にとっても負担がかかります。プールだから大丈夫と思わずに、子ども用やベビー用のウォータープルーフの日焼け止めを塗ってあげましょう。

プール遊びは、意外と汗をかいて体力を消耗しています。気が付かないうちに熱中症になっては大変です。こまめな水分補給をして、子どものからだを守ってあげましょう。

◆おすすめのビニールプール♪

『オープンタイプ』

▼Dreampark 噴水マット

プールよりも片付けが楽で、水圧によって噴水の高さも変わるし、少しの水圧でも噴水が楽しめるのでどの年齢の子どもも楽しめるものだと思います!噴水遊びに飽きたら、真ん中に溜まったお水で水遊びもできるし、これからの暑い夏に大活躍しそうです!!

▼INTEX(インテックス) レクタングラフレームプール

ポールを組み立てるとプールの形になり、空気を入れて膨らませなくてよいため、簡単に設置できる家庭用プールです。3m×2mと大きいため、ゆったりと水遊びが楽しめます。

▼INTEX(インテックス) ミニフレームプール

面倒な空気入れが不要なのでフレームを組み立てればすぐに遊べ、片付けも簡単なミニプールです。収納時もコンパクトになるので使わない時も場所をとることがありません。

▼FIELDOOR ジャイアントファミリープール(取っ手付きタイプ )

1 2 3