1. まとめトップ

桃山学院高校の偏差値や倍率と評判は高い?合格最低点や推薦基準の内申点は?口コミや校風、教育方針

桃山学院高等学校の偏差値や難易度はどれくらいか?倍率や合格最低点、推薦基準の内申点はどうなっている?評判や口コミ、校風と教育方針について書いてみました。

更新日: 2019年07月25日

1 お気に入り 5859 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

桃山学院高等学校の校風や偏差値は?

桃山学院高校はキリスト教信仰が基盤となったミッション系の高校です。中等部もありますが、高校受験を経て高等部から入学する生徒も多くいます。

1902年に設立した桃山中学校を前身としており、100年以上の歴史があります。以前は男子校でしたが2001年から男女共学となっています。

「自由と愛の精神に基づく学びの場」とあるように、桃山学院高校では生徒一人ひとりを非常に大切にしています。

2012年から学内に「いのちの教室」を設置し、1・2年生を対象に救急救命講習が実施されています。

伝統的に生徒の自主性を重んじており、生徒自治会・桃山学宿・体育祭などの行事は生徒と一部OBが全ての企画運営を行います。また1971年より制服を廃止し服装は原則自由となっています。学校指定の標準服もあり、多数の組み合わせから選ぶことが出来る点、女子のスカートが可愛い点で評判のようです。

桃山学院高校へのアクセスは地下鉄御堂筋線 昭和町駅、地下鉄谷町線 文の里駅、JR阪和線 南田辺駅です。大阪府からだけでなく、奈良県や和歌山県から通う生徒も多く、進学先の大学からも見て取れます。「生徒への信頼に基づく教育」を教育方針に掲げ「自主規律」を大きな特色とした独自の校風は生徒や保護者からもよく評価されています。一部の行事には保護者も参加することが認められています。

入学時より大学進学を意識させた取り組みが実施され、生徒からは「進路については早くから考えるようになっていた」との声が多く上がっています。勉強へ意欲的に取り組む生徒へのフォローが充実しており、生徒対応をする教員の配置や近代的なデザインかつ機能的な施設も良く話題になっています。

桃山学院高校の偏差値はどうなっているのか?桃山学院高校の難易度として重要なので知っておきましょう。桃山学院高校の偏差値はS英数が71、英数が67、文理が61、文理アスリートが51、国際短期留学62、国際長期留学が64となっています。したがって、コースがかなり異なっているので、桃山学院高校の偏差値はかなり違いがあります。桃山学院高校の難易度も違いがあるので、倍率などを含めて理解していきましょう。桃山学院高校の偏差値は高いですけど、学校の評判がどうか?というのが重要です。したがって、桃山学院高校の校風や教育方針もチェックしてほしいです。桃山学院高校の推薦基準の内申点とか、桃山学院高校の面接で聞かれることや志望動機なども練っておきましょう。

桃山学院高等学校の倍率や合格最低点は?

桃山学院高校の倍率はどうなっているのか?桃山学院高校の難易度として重要です。桃山学院高校の倍率はコースごと、専願と併願ごとに違いがあります。S英数などは高くて、3倍前後ありますから。それ以外のコースはそこまで高くはありません。桃山学院高校の倍率に関しては、全体では1倍台前半となっています。桃山学院高校の偏差値とともに、こういう倍率もしっかりと把握しておきましょう。桃山学院高校の難易度に関して重要ですから。そして、倍率を調べたら桃山学院高校の合格最低点も重要です。合格最低点に関してもコースと専願、併願で違いがあります。S英数が350点強で、英数が330点前後、文理が260点前後、国際Aが250点前後、国際Bが270点前後となっています。桃山学院高校の合格最低点は基本的に併願の方が高いです。桃山学院高校の合格最低点は変動する可能性がありますけど、一応頭に入れたうえで対策をしていきましょう。

桃山学院高等学校の教育方針やカリキュラムは?

英国聖公会宣教協会から派遣された英国人宣教師達が、1884年に男子の教育のために設けた学校が本校の始まりです。その後、高等英学校、(旧制)桃山中学校、そして現在の桃山学院高等学校へと、130年の歴史を歩んできました。その間、1959年に桃山学院大学が併設され、2001年には男女共学の国際コースを開設しました。その後もさまざまな改革を行い、2011年には標準コースを男女共学の『文理コース』に改め、『中高一貫コース』とともに新たな一歩を歩み出しました。

本校の教育はキリスト教精神に則って進められています。生徒一人ひとりの人格を尊重し、健やかな心身の成長と豊かな学力の形成を図り、社会のために責任ある一員となる人物を育てることが本校教育の基本方針です。

自由を尊重する民主的な校風の中で、のびのびと学校生活を送りながら、自らの責任を自覚し、自主的な規律を作って、これを守っていく良識ある若者を育てることが生徒指導の方針です。ここには生徒を信頼することが教育の前提にあります。服装の自由を認めていることにも、この信頼に基づく桃山学院高等学校の教育の特色が現れています。本校に学ぶ生徒はよりいっそうしっかりとした自覚と良識を身につけ、自主・自律の精神を強めて大きく成長していきます。

本校では、生徒の夢や目標に合わせて、個々の能力を最大限に引き出す5つのコースを設置。コースに応じた多様なカリキュラムと、丁寧な指導により、希望進路の実現へと導きます。「S英数コース」「英数コース」「文理コース(文理クラス)」では、コースの入れ替えを行っています。

桃山学院高校の校風や教育方針はどうなっているのか?桃山学院高校の推薦基準の内申点も重要です。推薦入試が実施されていれば、桃山学院高校の推薦基準の内申点もチェックしておきましょう。桃山学院高校の面接で聞かれることや志望動機なども対策をしておいてほしいです。桃山学院高校の出題傾向やレベルも重要ですから、過去問を使って桃山学院高校の出題傾向やレベルを分析してほしいのです。桃山学院高校の偏差値は高いですから、しっかりと対策をしていきましょう。桃山学院高校の評判も大切なので、口コミをチェックすることもしてほしいです。

桃山学院高等学校の評判や口コミは?

私はこの桃山学院で友達にも先生方にも恵まれ、学校の設備や学習環境にも恵まれ、とても充実した三年間でした。意識の高い友人が周りにたくさんいて最後まで受験を乗り切ることができました。
しかし、楽しめるか否かは自分次第です。生徒数が多いのでボンヤリしてると確かに何もできないまま三年間終わってしまいます。
私は楽しかったですが、友達には楽しくないと言っている人もいました。
充実した高校生活を送りたいと思っている人は、それなりの環境が整っているので、ぜひ自分から能動的にいろいろなことに挑戦してみてください。

文理コースからでも勉強している人は難関国公立に行きます。
s英数コースは旧帝大を受験し受かる人が多くいます。
私はどこのコースにいても、本当に自分次第だと思います。
勉強しない人ほど先生や授業のせいにしますが、努力次第でどこの大学にも行けます。

校則はわりかし緩いほうだったと思います。
服装は自由です。
標準服(制服)はありますが必ず買わなければならないわけではありません。
頭髪やスカート丈に関していくつか校則がありましたが、それも染めてはいけないなどの他の高校にもよくある程度のものでした。

桃山の進学実績に書いてある関関同立以上の成績はほぼ英数以上の子が取っているんじゃないかと思います。僕が通ってた文理でも勉強頑張ってた子は関関同立以上の大学に合格していましたが、大体は産近甲龍と摂心追桃が多いです。ちょっとだけ専門学校に進んだ子もいました。国公立に進んだ子はあまり聞いてないです。
もし難関校への進学を目指すのであれば桃山の中で平均以上の成績を残していればいける程度ではないかと思います。

桃山学院高校の評判はどうなっているのか?桃山学院高校の口コミを見ていきましょう。桃山学院高校の口コミをチェックすると、桃山学院高校の校風や教育方針が分かってくるはずです。桃山学院高校の評判としては部活動や進学状況が重要です。部活動に関しては見学をしておくと良いですけど、桃山学院高校の進学状況は内部進学の割合などを調べておきましょう。桃山学院高校の進学状況では他大学の合格実績も多くあるので、桃山学院高校の進学状況としてはそういった部分も重要と言えます。桃山学院高校の学校説明会でも知ることができるかもしれないですけど、自分でも桃山学院高校の評判について調べておきましょう。桃山学院高校の口コミを含めていろいろな情報をチェックしたうえで、学校の特徴を掴んでいってほしいと思うのです。

1 2