また、福岡県と佐賀県、山口県では氾濫の危険性が非常に高い氾濫危険水位を超えている川があります。

九州北部では、このあとしばらく猛烈な雨が降るおそれがあるほか、西日本では21日夕方にかけて局地的に雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

22日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで九州北部と四国で150ミリ、九州南部で120ミリ、中国地方で100ミリと予想されています。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重に警戒するとともに落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

出典西日本で非常に激しい雨 土砂災害などに厳重警戒 | NHKニュース

前へ 次へ