線状降水帯発生しやすい状況に
気象庁によりますと、台風5号に向かって流れ込む湿った空気と、太平洋高気圧の縁を回る湿った空気の流れが九州付近で重なることによって「線状降水帯」が発生しやすい状況になっているということです。

20日は線状降水帯が南北にのび、長崎県の五島と対馬付近にかかりましたが、台風の北上に伴って湿った空気の流れが重なる位置が変化し、21日未明からは南西から北東方向に線状降水帯が発生して佐賀県や福岡県付近にかかりました。

出典西日本で非常に激しい雨 土砂災害などに厳重警戒 | NHKニュース

前へ 次へ