賃貸経営は建築後10年・20年・30年・・・という長い期間で行っていく為、いかに長い間安定的な収益を得る事ができるかを考えなければなりません。特に配管材や屋根材・外壁材などは耐久性を考えて選びましょう。

出典安心できる建築会社を探したい!アパート・マンションの建築会社やハウスメーカーの選び方-不動産賃貸経営博士-

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

資産運用でマンション建築をする人が増えている?メリットやデメリットについて

資産運用には、株やFX、不動産などさまざまな種類があります。その中でも金年増えているのが、マンション建築による不動産投資です。マンション建築のメリットデメリットについて、ご紹介します。

このまとめを見る