1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

かっつくさん

リブラって?

アメリカを代表する巨大IT企業の一つ「フェイスブック」が、来年から「リブラ」と呼ばれる独自の暗号資産・いわゆる仮想通貨を発行すると発表し、注目を集めています

Facebookはリブラで何がしたいの??

Libraは、送金・支払いを目的とした仮想通貨であり、メッセージを送信したり写真を共有したりするのと同じくらい直感的に、お金の送金を容易にすることを目標としている。

リブラの目的は「金融包摂」(Financial Inclusion)だ。これは銀行口座を持たない人でも、金融サービスを利用できるようにする取り組みのことを指す。世界では17億人が銀行口座を持っておらず、そのうち10億人がスマートフォンを使い、5億人がインターネットに接続できる環境にあるとされる。

ビットコインとは違うの?

Libraは、価格が安定した暗号資産である「ステーブルコイン」という仮想通貨として発行される。Bitcoin(ビットコイン)をはじめとした既存通貨の場合、価格の変動(ボラティリティ)が大きく、通貨としての要素である「価値の保存」に欠けている点が課題としてあった。この課題を解決するのがステーブルコインであり、通常ドルなどの特定の法定通貨を担保に価値を裏付け、価格を安定させている。

全体としてはビットコインのような価格の乱高下は起きないが、特定の通貨、例えば円に対しては細かく価格が変動することになる。価格が一定なのではなく、「価格があまりブレたりしない」

ビットコインは1秒あたり7件の取引しか処理できない。これに対してリブラは発行当初、1秒あたり1000件の決済を処理できるとみられる。

他の企業も企んでいるらしい。。。

今回はフェイスブックに関心が集まっているが、情報インフラを保有する企業はAmazon(アマゾン)、Google(グーグル)と世界の巨人クラスがそろい踏みだ。実際、グーグルを抱えるアルファベットは傘下の企業(サークル)を通じてステーブルコインへの参入を進めており、近々何かしらの話がリリースされるだろう。

で?リブラって大丈夫ですか?

FBの計画が実現した場合、同社とその協力企業は政府や中央銀行を「妨害し得るほど強大な力を持つことになる」

リブラ購入方法

リブラを仮に購入するのなら取引所に口座を作成しておかなければいけません。日本の取引所でリブラを購入できるかはまだ分かりませんが、まずは海外の取引所に上場する可能性が高いでしょう。



海外の取引所を利用したいなら日本の取引所でビットコインを購入しておく必要があります。



リブラを購入してみたい方は日本の取引所でビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を購入する準備を整えておきましょう。

1