1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

”公開前に低評価”だったけど…『天気の子』の賛否が分かれるワケ

「君の名は。」が大ヒットした #新海誠 (しんかい まこと)監督の最新作『 #天気の子 』が2019年7月19日に公開された。アニメ映画公開前に「Yahoo!映画」に低評価レビューされるなど注目が集まったが、実際見た人たちの感想はどうだったのでしょうか?

更新日: 2019年07月25日

17 お気に入り 330840 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

アニメ映画「天気の子」っておもしろいの?みんなの声を集めました。

nyokikeさん

▼映画公開前にも関わらず『天気の子』のレビューに低評価が付いていた

【公開前なのに】映画『天気の子』、なぜか低評価レビュー相次ぐ news.livedoor.com/article/detail… 試写会も行われていないにも関わらず「Yahoo!映画」には、「面白くなかった」などといったレビューが投稿されている。 pic.twitter.com/wiGrA47GA7

「天気の子」は、一般向けの試写会は実施しておらず、7月19日0時からの上映が最速となる。しかし、「Yahoo!映画」のユーザーレビューには、18日10時時点で100件の評価が存在。総合評価を表す星は5点満点中、2.67点となっている。

1点や2点をつけている「ごめんなさい。正直面白くなかったです」「『君の名は』に似ているが声優がひどすぎる」といったレビューは、予告編などで公開されている以上の情報に触れておらず、「ネタばれ」というマークが付いているレビューも同様。

これらの低評価レビューは、その1件のみしかレビュー投稿していないユーザーも存在している。一方で、公開前の低評価を批判する「なにこのネガキャンの嵐」といった内容のレビューもあり、レビューが言い合いの場に発展している。

▼「天気の子」の新海誠監督は「君の名は。」で大ヒット

新海監督はここ十数年間、コンスタントにアニメーション作品を発表し続けてきたが、過去作の『秒速5センチメートル』(2007年)や『星を追う子ども』(2011年)、『言の葉の庭』(2013年)は上映規模が小さく、興行収入も1~1.5億円ほどであった。

しかし『君の名は。』(2016年)が興行収入200億円(日本映画では歴代4位)を超える大ヒットとなったことで、新海監督も一躍“時の人”に。作品の出来とは直接的には関係のないところで話題になる、あるいはアンチに貶されるというのは、ありがちなことともいえる。

・「天気の子」の賛否が分かれることについて新海監督はこんなコメントをしている

『君の名は。』の次ですから、興行的にも超メジャーなものになります。であれば、多くの人々の価値観が対立するような映画を作りたい。見てくれた誰かと誰かの価値観と価値観がぶつかるような映画でなければいけない、とも考えました。

もともと僕の作品は、ファンの方が見てくれて、見るはずのない人たちは見ないタイプの映画でした。ところが『君の名は。』で観客のスケールが大きくなったことで、『天気の子』は、本来、僕の映画を見ない人たちも見てくれる可能性があるわけです。

想定していなかった人とも、きっと不可避に出会ってしまう。大きなコミュニケーションが映画とたくさんの観客との間で生まれる。それによって、人々の反応であったり、何かが“観測”できるのではないか。あるいは、僕が次に作るべきもの、みんなが本当に見たい“何か”を、そこからもらえるのではないか。これまで経験していなかったことが体験できるのではないかと考えました。

新海監督は主人公について次のように語っている。

「主人公の男の子は模範的な少年ではなく、世の中の規範から外れていってしまう」「正しい人間よりも、正しくあろうと思いながらも規範どおりに行動できず、必死に何かに手を伸ばす人を描く映画」(映画.com 2018年12月13日)。

予告編では、必死に走る帆高と陽菜の姿に、小栗旬演じる須賀の「もう大人になれよ、少年」という声が被さる。「大人になれよ」ということは、彼らは大人になっていないということだ。ここで言う「大人」とは年齢ではなく、社会の規範の中に入ること、従順になること、聞き分けのいいことなどを示している。帆高と陽菜は『傷だらけの天使』のような、忖度と調和だらけの社会からはみ出した子どもたちなのだ。

帆高を演じた醍醐虎汰朗は、「観終わったあとに愛について考える作品。家族や友人など、身近にいる人を大切にしながら生きようと思いました」と語っている。

▼実際見た人たちはどんな感想を持ったの?様々な声が聞かれました

家族で「天気の子」観てきました。素晴らしかった!祈りに溢れた美しいファンタジー。自然の、そして人間の再生の力を思う。大自然の前に人間がちっぽけであることに思い至れば、私たちはまだ正しく生きる道を選んでいくことが出来るのだと感じさせられた。励ましに満ちた美しい映画でした。 pic.twitter.com/Ant6JLuMgx

#天気の子,観てきた. 初号試写の時は監修作業の確認しながらだったから頭フル回転でCPU使用率100%が続いて「頭が壊れる!」ってなりながら要所要所で泣いたり笑ったりだった.先日新海さんに会った時に,今度は映画館で落ち着いて観て下さいって言われてたんけど今回も頭フル回転でした.また観る pic.twitter.com/QWsq9vvzFP

天気の子観ました。右の高校生カップルの女の子が「めっちゃ良かった。。。」って泣いてましたが、左のオタクっぽい二人組は「新海にしては微妙なところをついてきましたね」「これは慎重な討論が必要だわ」と言っていたのでよかった。

『天気の子』の小説版のあとがきで、「『君の名は。』で散々ディスられていたけど、映画は人から眉をひそめられてしまう密かな願いを書くもので、学校の教科書じゃない。僕は僕の生の実感を描くので、それで怒られるなら仕方ない」みたいなことが書いてあって、創作者として圧倒的に正しいと思った。

天気の子面白かったー! めっちゃやばいじゃ(語彙力) 君の名はが思った以上に気に入ったから『新海誠 新作制作決定』ってなった時からきになってたんよね。 いや、好き。 声優も豪華で良き。 本田翼、声優ぜんぜんいいじゃん! まとめて感想 もう一度見に行きたい #天気の子 pic.twitter.com/uGl5xpe7Jz

3年前、君の名は。を一緒に観ると結婚するらしいってツイッターで噂になってるよって映画に誘った女の子は、映画を見終わった後すぐに「今日は帰るね」って一言だけ言って帰った。当時はやっぱりナシかと思ったんだけど、その子と今日は天気の子を見てきた。俺のお嫁さんになって一緒に観てくれた。

天気の子、公開1ヶ月くらい経ってから落ち着いてきた劇場で観たいと思っていたら、新海誠ガチ勢から「27~28時のレイトショーなら中高生がいなくて空いてるし、晴れていれば劇場を出た瞬間ちょうど朝日が登ってきて最高の感情になれる」という本物の情報を与えられてしまった

・好評価の中にこんな声も…捉え方は人それぞれのようです

子どもがすごい好きで私の世界観は左なんだけど多分駿とかいろんなものが左な気がするんだけど天気の子見て新海誠は右でなんか ああ〜 すごい怖くて…でもよかった……言われたらエヴァも右な気がする pic.twitter.com/TlKAyVqnLf

#天気の子 感想 ・背景の美しさや音楽は相変わらず最高 ・声優も全体的に良好。不安の声が多かった本田翼もキャラクターと合っていた。 ・ストーリーは賛否両論。『君の名は』が好きだった人は特に ・100人見たら90人首をかしげて10人がドツボにハマる映画 ・凪くんはウルトラ可愛いかっこいい pic.twitter.com/nqYjL2QLT2

天気の子観てきた。新海誠ブレないw「君の名は。」の二番煎じ作品作っとけば一定の評価を得られるはずなのに、こんなに新海節100%の賛否両論ありそうな脚本書くなんて…本当に新海誠は芸術家だと思う。最高だった。 #天気の子

1 2