1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

京アニ襲撃事件に高須克弥が無償手術の申し出に称賛の声…支援の輪は広がりそうだ!!

高須克弥氏が京アニ放火事件に支援をするようです。なんと怪我で苦しんでる人の、外科手術をするようで称賛の声があがっています。女性のけが人も多いので、見た目は重要で、これはすごい事かもしれません。今後多くの人の支援がありそうで、みんな頑張ってほしいものです。

更新日: 2019年07月22日

9 お気に入り 56915 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

京アニ襲撃事件は、死者以上にけが人も深刻だった

34人が死亡した「京都アニメーション」の放火殺人事件で、ヒット作品の監督を務めた男性の安否が分かっておらず、家族が悲痛な思いを語りました。

34人が亡くなった火災現場の近くには21日朝早くから献花に訪れた人で長い列ができ、安否の分からない従業員の友人や親戚の姿も見られました。

今でも必至に救命活動、そして幸い一命を取り留めるも、その後の人生に大きなリスクを負ってしまうひとも多くいるはずです。

今回、多くの人が負傷されたことから、消防は、患者の重症度にあわせて、治療の優先度を決める「トリアージ」を使用した。

同病院に搬送された少なくとも2人は、最も搬送の優先度が高い赤色のトリアージがついた患者が運ばれてきたという。

そんな中、高須氏が支援を申し出…なんとけが人の無償の皮膚再建手術を申し出へ

西原理恵子のアニメーション仲間の人脈を通じて京都アニメーションの被害者の皆様に僕のメッセージを伝えてくれるようお願いしました。 早く回復のお力添えをしたいです。 twitter.com/kyoani/status/…

なんと、京アニ火災の被害者の方々に、ファンからの提案で「治療をしたらどうか」という声があるなか、院長は「出来る限りの治療をさせていただきます」と前向きな発言。

そして驚きの発言は続き、今回の治療費はなんと無償にするということです。

まさかの高須院長の神対応にネットでは「さすが高須院長」「YES過ぎる」「神過ぎる」など多くの絶賛の声が寄せられております。

具体的にどのような流れで治療を行うのかは不明ではありますが、このような方々のお声がけがあるだけでも被害者にとっては心の支えになるのかもしれません。

このような支援の輪がひろがっていく事はある意味日本の美学とも言えると感じます。

そもそも前から高須克弥氏の行動力が凄過ぎる

高須クリニックの高須克弥院長(71歳)が、ヘリコプターで熊本地震の被災者へ救援物資を送った様子をブログやツイッターで報告した。

19日には、自腹で調達した飲料水などを乗せた“高須ヘリ”が東京から佐賀空港へ向かった。

高須院長は東日本大震災の時にもヘリで支援物資を輸送しようとしましたが、ヘリコプターの調達が間に合わず断念。

それをとても悔やんでいました。今回はその時の教訓を活かして、かなり早めの段階でヘリコプターを調達。

今年2月に大地震の被害に遭った台湾にも、高須院長は1000万円の義援金を送っています。まさに漢の中の漢ですよ

様々な声が

@shizuku_yugiri @katsuyatakasu 貴女の行動で動いてくれる大人がいて、貴女の行動で救われる方がいる これからも自分が無力だからと言って沈黙せずに感じたままの善意の行動をされて下さい。 しかし、高須さんって本当に凄いな… pic.twitter.com/TDwD1RNcJ6

1 2