1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●タレントとして活躍している若槻千夏さん

17歳の時、渋谷109でスカウトされデビュー。その年からグラビア界を席巻し、名だたる雑誌の表紙を飾り一躍トップアイドルに。

『志村塾』『うまッチ!』『スーパー競馬』などでレギュラー出演し、バラエティーでは欠かせない存在となる。

・2009年には、自身のアパレルブランド『w♥c』を発表

現在は、自身のキャラクター「クマタン」のデザイン&プロデュースを行い、日本のみならず台湾、アジアでもさまざまな企画展開。

●その若槻さんが選挙特番「zero選挙2019 アナタに迫る!新時代の大問題」に出演

・教員不足問題に関する発言で謝罪

岡田結実さん、落合陽一さん、田中卓志さん(アンガールズ)、吉村崇さん(平成ノブシコブシ)、若槻千夏さんをゲストに迎え、 #新時代の大問題 の「解決法」を議論します! #ウドウ解決所 #zero選挙 pic.twitter.com/ppQsKIt0LV

タレントの若槻千夏(35歳)が選挙特番「zero選挙2019 アナタに迫る!新時代の大問題」(日本テレビ系)に出演。

・番組では、教員不足で「18時以降は電話に出ない」と現役教員から説明

全国の小中学校で教員が不足し、1人の教員に業務が集中し、勤務時間外もプライベートの時間も削って対応するなど深刻な状況が紹介される中、

そして仕事を減らすための対応として、留守番電話などをつけて勤務時間外の対応を減らし、「18時以降は電話に出ない」と現役教員から説明があった。

・若槻さんが「何かあったらどうするんですか?」などと反論

「何かあったらどうするんですか? もし子どもが帰ってくるのが遅くなって心配になって、見つからない時に学校に電話をするのが親だと思う。それも対応してくれないってことですか」と反論。

教師が「子どもが帰ってこないのであれば警察が対応しますし」と説明すると、「えー、寂しい」と嘆いた。

・さらに「寂しくないですか? 心ですよ。そこはビジネス化したらダメでしょ?」などとヒートアップ

若槻は「寂しくないですか? だってごくせん見て育ったでしょ? みんな金八先生見たでしょ? 心ですよ。そこはビジネス化したらダメでしょ?

おかしい。おかしくないですか? おかしいじゃないですか?」とヒートアップし、「私はそこじゃないと思う。すいません、深夜に大きい声出して」と持論を語った。

●この発言を受け、若槻さんがインスタで謝罪

若槻の発言に、ネット上では批判の声が噴出。若槻は22日、インスタグラムを更新

「この度は、自分の発言により、先生や先生に関わる方々、また視聴者の皆様に大変不快な思いをさせてしまう内容に至ってしまいました。軽はずみな発言を反省しています」と述べ、

1 2 3