1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

マルティン・ビスカラ大統領は、火山周辺の4州12地区に対して少なくとも60日間の非常事態を発令

花が好きさん

また 噴火です。 南米ペルー。

ウビナス火山

標高5672メートルのウビナス山は、シラーと呼ばれる白い火山石を使って建てられた歴史的建造物が立ち並ぶことから、世界遺産に登録されたアレキパ市から東に約70キロ離れた成層火山で、16世紀半ば以降、爆発や火砕流、ラハールと呼ばれる火山泥流が発生した歴史的記録が残っている。

ウビナス火山が大噴火!

噴火が起こったのは現地時間19日午前2時(日本時間同日午後4時)35分ごろと、その約30分後の2回。

Ubinas volcano : Stratovolcano 5672 m (18,609 ft) #Peru, -16.36°S / -70.9°W Current status: minor activity or eruption warning (3 out of 5) pic.twitter.com/kQRG8HCyDN

南米ペルーで19日、南部のウビナス火山が大爆発し、噴煙が海抜12.1キロに到達。

【動画】南米 #ペルー のウビナス山が大爆発!噴煙12km超 国境を超える 19日の大爆発で上空は噴煙で真っ暗に覆われ、ふもとには大量の火山灰が降り積もった。住民の健康への影響が懸念されるという。二度目の爆発の噴煙の高さは1万2000mだった。…⇒ hazardlab.jp/know/topics/de… #噴火 #火山 #南米 pic.twitter.com/YzylASPRBX

マグマ成分を大量に含んだ黒い噴煙が海抜1万2000メートルに到達し、気流によって国境を超えた隣国ボリビアにも流れていった。

ふもとのアレキパ市周辺で大量の火山灰が降り積もった。

ペルー政府は周辺のアレキパ、モケグア、タルカニ州など4州12地区に非常事態を宣言し、3万人近くに緊急避難を指示した。

マルティン・ビスカラ大統領は、火山周辺の4州12地区に対して少なくとも60日間の非常事態を発令し、避難者には食料や飲料水、必要な医療措置を提供すると発表した。

Explosive Eruption of #Ubinas in Peru. What goes up will come down: Such crushing mass of ash shall fall somewhere.. Plenty of communities at risk.. and it's dark. Thx @francho3 @RCClimate for supporting @CruzRojaPeru esp Arequipa. Financial preparedness for disaster preparedness pic.twitter.com/UcXNpQuNod

ペルーの国立民間防衛研究所は、噴火は今後の数日間で、さらに強くなる可能性があり、火山灰による被害と、有毒ガスに注意するように述べています。

また、このあたりはアルパカなど飼育動物が多い場所で、火山灰によって、動物たちのエサである植物が埋もれてしまう可能性に言及していまして、対応が求められています。

この日の中米から南米では、10の火山が噴火しています。

いっときよりは、世界の火山活動はやや落ち着いていますが、環太平洋火山帯においては、今なお断続的に活動が続いているようです。

関連リンク

1