1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

アイテムを使ってカメラを固定する

ブレを防ぐには撮影アイテムの使用が何より効果的なので、花火大会に備えてリモコンシャッターとスマホ用の三脚の2つは、ぜひ装備したいところだ。

また、付属品のイヤホンの音量ボタンでもシャッターが切れますので、三脚で固定している場合などにはぜひ活用してみてくださいね。

どうしても三脚の使用が無理なときは、壁や窓など動かないものにスマホを押し付けたり立てかけたりして固定するとブレが軽減する。

固定するものもなく手持ちの場合はしっかり脇をしめて両手で持ち(座っているなら体育座りで膝の上に肘をついて)、同伴者がリモコンでシャッターを切るのもよいでしょう。

「HDRモード」「フラッシュ」はオフにする

iPhoneやAndroidスマホのカメラには標準で備わっていて、動きのない風景写真などで有効ですが、一瞬の光を捉える花火撮影では、写真がブレやすくなるため、オフにしておくのがポイント。

被写体が花火の場合、遠すぎてフラッシュを使う意味がないので、オフにしましょう。

AE/AFロックを使う

iPhoneの場合は、焦点を合わせたい場所を画面上で長押しするだけでAE/AFロックが使えるのでぜひ活用しましょう。

さらに明るさを自分で調整したい場合は、長押しすると表示される「太陽アイコン」を上下に動かして明るさを自分好みに調整が可能です。

「花火モード」や「夜景モード」を使用する

機種によってはカメラの機能の中に「夜景モード・花火モード」が搭載されている場合があります。

備え付けのカメラの画質がイマイチだったり設定が細かく行えない場合はカメラアプリを試してみましょう。

ただし、必ずしもカメラアプリの方が優れているわけではありませんので、使い比べて良い方を使うようにしましょう。

花火を綺麗に撮れるおすすめアプリ

三脚がある人なら写真撮影は「花火カメラ」に任せて放っておくだけで良い写真が撮れちゃいます!

1 2