タンポンやナプキンなどの生理用品や紙おむつで日本国内のトップシェアを誇る。アジア各国へも進出している。生産は子会社が担当している。ベビー用品は成長が鈍化しつつあるが、介護用の成人用おむつやペット関連事業が成長している。2006年(平成18年)7月にエフティ資生堂(資生堂の連結子会社)の生理用品事業を買収。資生堂とはその他の分野でも戦略的提携を目指しているとされる。

出典ユニ・チャーム - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る