このサービスで楽になるのは保護者だけではありません。保育施設も楽になります。
各園児毎では無く、サービスを利用する多くの園児が利用する紙オムツ等を一括して管理できます。紙オムツの貸し出しノートも廃止できます。
保育施設は労働集約的な側面が強い場所です。裏返すと、改善できる余地が大いにあるとも言えます。
機械に置き換える、一括発注してコストを削減する、必要性の低い業務は廃止する等、工夫は様々です。
皆で知恵を出し合い、少しでも育児・保育が楽になれば良いと思います。

出典【ニュース】紙おむつを定額使い放題、大阪の保育所運営会社 保護者の負担減 | よどきかく

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る