1. まとめトップ

なぜ山田太郎(自民・比例)は大勝利した?データ分析

自民党比例区で組織がないのに53万票の圧勝をしたのはなぜか?山田太郎参議院議員のアクセス数・検索数などのデータ分析。

更新日: 2019年07月31日

0 お気に入り 2168 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大手IT企業の情報処理技術者。情報処理に加えて、AI(G検定)、WEBアナリスト、SNSエキスパート、yahooリスティングなどの資格も持つ。実は、昔、政治に関わっていたというナゾの噂も。

組織がなくてもネットで勝てる!

全マスコミの固定電話への事前世論調査の結果に、ネットアクセスの部分で補正して、
順番を並べ替えれば、実際の開票結果を予測できる。
音喜多、塩村にプラスの補正。武見、山岸にマイナスの補正。をそれぞれ加えると実際の数値になった。

アクセス数は、1位山田太郎、2位山本左近

山本左近のネット広告。
山田太郎のSNSや動画で56754アクセス。

実際の集票につながったのはオーガニックな検索のみ。

個人名の検索件数は、1位和田正宗 2位山田太郎

SNSで新たな工夫 2種のLINEアカ 変動型リッチメニュー

上位の自民候補のアクセス比較

自民党比例のアクセス数などの分析

自民党比例のアクセス数などの分析
圧倒的に男性

別サイトも活用

より詳細な全体のまとめ

自民は、アクセスとSNSで1位。アクセス2位は共産。
SNS2位は公明。立憲は検索数で自民を超えたがアクセス少。
「れいわ新撰組」アクセス増で1.031.716回で3位に浮上。
https://www.muraimuneaki1.com/senkyo2019/

1 2