1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

これは楽しみ!ネットで噂される「未来のiPhone」

※現時点では噂の段階です。

更新日: 2019年07月24日

13 お気に入り 79405 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

※現時点では噂の段階です。

senegirlsさん

◼︎秋に発売が予想される新iPhone

今年9月に発表されると噂されているAppleのフラッグシップスマートフォン「iPhone XI(仮)」。

スマホケースメーカーGhostekが、iPhone11のケースをすでに生産しており、予約注文の受付を開始していることが明らかに

今のiPhone下取りに出して、新しいのに機種変更するか悩む。。 秋に新作出るかなぁ?

◼︎現時点で噂されているのが・・・

3機種のうち1機種には、トリプル背面カメラが採用される可能性が非常に高いとのこと

Ghostekのレンダリング画像には、トリプルカメラの姿を確認することができます。

◼︎搭載されれば、ズーム機能やポートレイト写真の質が向上するとか

デジタルカメラのように焦点距離の調節でズームが可能となり、画質の劣化が起きづらく拡大しても画像が荒くならない

手前の被写体にピントが合って背景がボケているポートレイト写真を簡単に撮影することが可能となります。

これまでのリーク情報によると、このカメラには、これまでの機体にも起用されている通常のカメラと2倍ズーム対応の望遠カメラに加え、12MPを超えるカメラが搭載されるのではないか、と予測

カメラ良くするならiPhoneになるのかな(>_<) 今XPERIAはトリプルカメラらしいけどどうなのだろと思う

次期iPhone、トリプルカメラの主張が控えめだと有難いなぁ…

ト、ト、ト、トリプルカメラだとぉ!? いよいよ買い替えか!? 2019年の「iPhone 11」は3モデル展開、3D Touch廃止でTaptic Engineが「Leap Haptics」に進化 - GIGAZINE gigazine.net/news/20190724-…

iPhoneもトリプルカメラか。そろそろ端末変えたいんだよな。 次期「iPhone」、2機種がトリプルカメラ搭載か - はてな?NEWS! / dtrip.hatenadiary.com/entry/2019/07/…

◼︎将来的には、3Dカメラの搭載も噂されている

サプライヤーの1社に、背面カメラ用のToF(Time of Flight)式3Dセンシングシステムの準備を依頼したと報じられています。

光の反射する時間差を利用して、物体の位置を検知する技術。Androidスマートフォンでは、すでに採用が進んでいます。

◼︎立体を捉えた3D写真撮影などが可能になるという

デバイス背面に搭載されるToF 3Dカメラは再現度が高い3D撮影が可能で、精度の高いAR(拡張現実)アプリの実用化など、大幅なイノベーションをもたらす技術として期待されていた。

しかし、アップルは今年の新モデルではなく、2020年発売のiPhoneにこの技術を搭載する見通しだ。

TOFカメラを搭載するってことは、2020年のiPhoneは4眼になるってこと?!それは考え過ぎ?! 2020年のiPhone、外向きカメラに3Dセンシングが可能なTOFカメラを採用か buff.ly/2JDIlfL pic.twitter.com/wNNgBfj7AL

1 2