1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

合意なきEU離脱か!失言王ボリス・ジョンソンが英国首相に就任

トレードマークは寝ぐせ頭。失言王として有名で英国版トランプと言う声もある。協定合意がなくても期日にEUから離脱すべきと主張している。

更新日: 2019年07月24日

4 お気に入り 7673 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

保守党党首選でボリス・ジョンソン前外相が勝利!

英国のテリーザ・メイ首相の後任が決まった。

ジョンソン氏は9万2153票を獲得。対立候補のジェレミー・ハント外相は4万6656票に留まった。投票率は87.4%だった。

翌24日にメイ首相がエリザベス女王に正式に辞表を提出し、ジョンソン氏が新首相に就任する予定

ボリス・ジョンソンはEU離脱派

イギリスは当初、3月29日にEUを離脱する予定だったが、議会が離脱協定を3度にわたり否決したため、EUは離脱期限を10月31日まで延長した。

ジョンソン氏は、EUとの協定合意があってもなくても、10月31日の期日にEUから離脱すべきだとしている。

ボリス・ジョンソンはジャーナリスト出身の政治家

誕生日 1964年6月19日
出生地 米国ニューヨーク州ニューヨーク市
出身校 オックスフォード大学
前職  ジャーナリスト
政党  保守党

英国下院議員を2期務め、その後にロンドン市長に就任。その後再び下院議員になり、メイ内閣で外務・英連邦大臣を歴任した。

研修生としてタイムズ紙で働きだすが、ある記事でコメントを捏造し、解雇されてしまう。「フェイクジャーナリズムの先駆」と呼ばれるようになった。

ジョンソン氏は、2016年のブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる国民投票では離脱派を主導。

トランプ氏と同様、第2次世界大戦中の指導者だったチャーチル英元首相を敬愛し、「チャーチル・ファクター」という伝記本を著したこともある。

ボリス・ジョンソンは失言王として有名で『英国版トランプ』

アフリカ人を「スイカみたいな笑顔」と評したり、黒人の子供たちを見下したような言い方をしたこともあった。

ヒラリー・クリントン氏について「精神科病院のサディスティクな看護師のよう」と例えて物議をかもした。

トランプとボリス・ジョンソン。 最近は髪なんか気にしないのがトレンドさ。 pic.twitter.com/u83QlcoCl8

まさか、一度は諦めたボリス・ジョンソン vs ドナルド・トランプ対決が実現するとは pic.twitter.com/bM3YheY22z

1 2