1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

えっ!?これだけでいいの??

① 電源を頻繁にON/OFFしない

エアコンは室温を下げて設定温度にするまでの間が一番電気代がかかるんです。

だから、エアコンの温度が設定温度になったからといってスイッチオフしてしまうと、次にエアコンをつける時に再度エアコンが設定温度まで室温を下げなければなりませんよね。

その分余計に電気代がかかってしまうということなんですよ。

② 扇風機やサーキュレーター活用

エアコンの設定温度を変える以外に、扇風機やサーキュレーターを併用すると節電効果を期待できます。

空気はあたたかいと上に、冷たいと下にたまる傾向があるため、扇風機を使って空気を循環させれば、部屋の室温にムラがなくなるという理屈。

③ 設定温度を高めにする

エアコンの冷房運転時に設定温度を1度上げるだけでも、約10%の節電効果があります。

普段設定されているより少しでも設定温度を上げることで、節電につながることだけは覚えておいてくださいね。

④ 風向は水平か上向きに

冷たい空気は、部屋の下部にたまります。風向きを天井に対して水平や上向きにすることで、冷気が上から下へ降りながらムラ無く部屋を冷やすことができます。

⑤ 風量は「自動」にする

風量は「微風」などの方がいいのでは?と思ってしまいがち。でも、実は「自動」が一番いいのです。

自動運転にすると、最初は強風で一気に部屋の温度を快適にしてくれます。そのあと、温度を一定に保つ間は微風になるのです。

最初から微風にしていると、適温になるまでに時間がかって、節電にはならないんです。注意が必要ですね。

⑥ フィルターの掃除

フィルターや内部洗浄を行って、定期的にエアコンのメンテナンスを行えば、効率よく部屋を冷やすことができるため冷房代を節約することができます。

フィルターなら取り外しも簡単なので個人で掃除するのも良いでしょうが、エアコンの内部洗浄はプロの業者にお願いしたほうが良い場合もあるでしょう。

⑦ 日中はカーテンを閉める

1 2