1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

暑さが嫌いな私はこちらを実践する事で眠れるようになりました!

雷坊主さん

暑い夏の夜は当たり前ですが寝つきが悪くなってしまいます…

そこでこちらの方法を挑戦してみてください!

お風呂に浸かる

暑い夏の夜は、どうしてもシャワーで済ませがちですが、お風呂に浸かることも大切です。一時的に体温が上がりますが、その後は体温は下がります。その体温が下がったタイミングが、眠りにつきやすいタイミングです。

涼しい素材の寝具で寝る

寝具の素材を見直すことでも、涼しさを感じることができます。中でもおすすめなのが、オーガニックコットン(綿)。オーガニックコットンは、湿度の高いときは綿糸の隙間が細くなり、汗をかいてもすぐに吸収して、発散してくれます。

逆に湿度が低くなり涼しさを感じると綿糸の隙間が太くなるため、内部の空気層が膨らんで体温を保つ役割をしてくれます。そのため、オーガニックコットンの寝具は、快適な睡眠をもたらしてくれるのです。

部屋が暑すぎる

体のためにはエアコンを使わない方がいいと思っている人もいるかもしれませんが、暑すぎると体温が下がらず、寝つけない原因になります。エアコンを28~29℃に設定し、扇風機を併用すれば眠りに最適な室温に。

パジャマで寝ていない

部屋着のままで寝ると、脳は活動の延長と感じてしまいます。パジャマは寝返りの打ちやすさや吸湿・吸汗なども考えて作られており、パジャマに着替えただけで寝つきまでの時間が短くなったという調査結果も。

皆さんも是非一度試してみてはいかがでしょうか?

1