1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

いよいよバンコクMRTブルーラインの延伸部分が運行開始!延伸した各駅の見所は?

2019年7月29日(月)に、とうとう待ちわびたバンコクMRT(地下鉄)ブルーライン(Blue Line)の延伸部分「ファランポーン駅〜タープラ駅」にて乗客を乗せた試験運転が開始されます!今回延伸した部分にはどんな場所なのか?気になる見所を紹介します!

更新日: 2019年10月07日

5 お気に入り 17428 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

バンコク駐在員歴がある無類のタイ好き日本人です。ガイドブックやメディアに出ないバンコクのおすすめ情報をまとめています。

2019年7月29日(月曜)よりMRTパープルライン延伸部分の試験運行が開始された

①ファランポーン駅(Hua Lamphong)を起点に、
②ワットマンコン駅(Wat Mangkon)
③サムヨード駅(Sam Yot)
④サナームチャイ駅(Sanam Chai)
⑤イサラパープ駅(Itsaraphap)
⑥タープラ駅(Tha Phra)
⑦バンパイ駅(Bang Phai)
⑧バンワー駅(Bang Wa)

までの試験運行を開始します。

・試験運行の期間は【2019年7月29日(月)〜9月28日(土)】まで
・試験運行期間中における稼働時間は以下の通り。
・8月12日までは10:00〜16:00まで
・8月13日からは7:00〜21:00まで。

2019年9月29日(日)より、延伸部分は正式に運行開始

延伸した駅を含めた新しいバンコク路線図はこちら

延伸部分にはどんな見所がある???

②ワットマンコン駅(Wat Mangkon)はチャイナタウンのど真ん中

ワットマンコン駅は、チャイナタウンの中心地ヤワラートのど真ん中に位置しています。

これまでヤワラートへのアクセスは、MRTファランポーンから徒歩かバス利用しかありませんでした。

これからは、ワットマンコン駅で降りれば目の前がヤワラートです。

新しく延伸したバンコク地下鉄のMRTワットマンコン さすが中華街にあるだけあって、駅構内がド派手だ 中国では紅色は縁起の良い色とかめでたい色とされてるんだとか 天井にも龍貼り付いてるし凄い ちなみにヤワラートは1番出口を上がって直進すると3分くらいで着きます pic.twitter.com/nj4fUZwkfC

さすがチャイナタウンの駅。ド派手です…

MRTでヤワラートまで行けるようになるのうれしい〜

ヤワラートもMRTが完成したら一気に変わりそうな場所ですね!ワットマンコン駅周辺は特に開発が進みそうそれこそ、これまでアクセスしずらくて行かなかった観光客が流れればかなり経済効果が見込めるでしょう

MRT開通後は駅周辺が開発されるのも楽しみです。

③サムヨード駅(Sam Yot)はパフラット市場へのアクセスに便利

「Pahurat Market/パフラット市場」にはインド人が多く住み、近くにはシーク教の寺院があり、
人々は故郷と同じように民族衣装を身にまとい、ヒンドゥーの神々に手を合わせここで生活を送っています。

この通りで売られている物や、レストラン、漂う香りもタイとは思えない雰囲気で、
裏路地を進めば進むほどそこはまるでインドにいるような錯覚に陥ります。

物凄い数の装飾関係アクセサリーや布の問屋、カレーペーストや冷凍ナンなどの食品を売る店が並んでいます。

タイの中でインドを味わえるなんて新鮮。

④サナームチャイ駅(Sanam Chai)は三大寺院が目の前

今回のMRT延伸で一番注目を浴びているのがサナームチャイ駅。

バンコクの定番観光地「三大寺院(ワットプラケオ、ワットポー、ワットアルン)」が目の前です。

MRTサナームチャイの1番出口を出ましょう。

駅を出た後、左手に約300m進むとワットポーが見えます。

1 2