1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

選べない…「金10」ドラマ対決 『凪のお暇』VS『これは経費で落ちません!』

毎クール注目される、金曜夜10時のドラマ対決。TBSは黒木華主演『凪のお暇』、NHKは多部未華子主演『これは経費で落ちません!』で、共に絶賛されている。ネットではどちらをリアタイ(リアルタイム視聴)すべきか悩む声。

更新日: 2019年08月16日

9 お気に入り 56182 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆黒木華主演のTBS『凪のお暇』

場の空気を読みすぎてしまうOL・大島凪が、仕事を辞め、彼氏からも逃げ、郊外のボロアパートで人生リセットしようとすることから始まるラブコメディ。

◆視聴率・視聴熱・配信再生数など好スタートを切った

『凪のお暇』第一話が19日放送され、初回平均視聴率が10.3%だった(関東地区)。二桁スタートを切った。

webサイト「ザテレビジョン」では、7月15日~21日の「視聴熱」ドラマ ウィークリーランキングを発表。1位「凪のお暇」。第1話が放送されると、関連ワードが続々とTwitterのトレンドトップ10入り。

凪のお暇」(毎週金曜夜10時~)の初回無料見逃し配信の再生数が、同局ドラマの過去最高記録となった(TBS FREE、GYAO!、TVerの合計値)。25日までの再生数は196万回を突破している。

◆黒木の演技をはじめ、高橋&中村も大絶賛

出典thetv.jp

左から中村倫也、黒木華、高橋一生

放送後の反応はというと前評判を覆す称賛の嵐。繊細で冴えない凪の雰囲気を再現しきった黒木華の演技はもちろん、不安視されていた高橋や中村を絶賛する声が相次いでいた。

凪の心の揺れ、慎二の弱さ、ゴンの自由さと非社会性、孤独な老人の暮らし。心の機微が繊細に描かれた。

中村倫也と黒木華

まじで凪のお暇は、絶妙な配役チョイスをしてきてよく変な若手を使わなかったところが拍手喝采なうえに、中村倫也が中村倫也らしさを出しつつもゴンに寄せてきててまあこれが最高だし、黒木華の演技力には安定感しかないし、高橋一生には惚れるしかない。。。

脚本から、構成から、演出から、キャスティングから、音楽から、スタッフリストから、何もかも完璧。 待ってました!!私が見たいドラマ!本当にありがとう!って毎週金曜思えるのか。 最高すぎじゃないか。 #凪のお暇 #2話

◆ライバルとなるNHKの同時間帯枠ドラマはほぼ毎回高評価

『トクサツガガガ』(2019)

小芝風花

19年1月クールに放送されたNHK総合ドラマ10『トクサツガガガ』が、『第15回コンフィデスアワード・ドラマ賞』で作品賞を受賞した。「NHKが本気で作っている」とSNSで大きな話題を集めた。

岡田将生が、18年10月期の“質の高いドラマ”を表彰する、第14回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」で「主演男優賞」を受賞した。岡田は、ドラマ10『昭和元禄落語心中』(NHK総合)で、主人公の落語家・有楽亭八雲(前座名は菊比古)を熱演した。

平成30年度(第73回)文化庁芸術祭の受賞作品と受賞者が明らかに。テレビ・ドラマ部門にて「透明なゆりかご」を発表した日本放送協会(NHK)が大賞に輝いた。

2018年7月期ドラマ

◆今期のNHK同枠は多部未華子主演『これは経費で落ちません!』

せっけんメーカーの経理部に務める森若沙名子(多部)が、回ってくる領収書や請求書などから、怪しい事実や訳ありの人間模様を見つけ出し、小ずるい社員らに立ち向かう姿を描く。

奥手な彼女にアタックする相手役を重岡大毅(ジャニーズWEST)、経理部の後輩役を伊藤沙莉、先輩役を平山浩行、部長役を吹越満が務める。

◆こちらも初回は好評なスタート

1 2