1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●プチプラで可愛いアイテムが揃う「しまむら」

デイリー服はもちろん、フォーマルや事務服、子ども用から大人用までたくさんの洋服を取り扱っている

●スマホで商品を取り置きできる「しまコレ」も好評

#おジャ魔女どれみ 20周年記念 コラボTシャツ【全8種】を「しまコレ」限定で販売 \ 20周年記念ビジュアルやかわいいプリントTシャツが勢揃い✨ 7/29(月)9:00から掲載開始予定です! ▼まずは、アプリをダウンロード▼ shimacolle.page.link/tw #しまむら #しまコレ #しまパト #doremi20th pic.twitter.com/cSWfOHvG2m

しまコレを使うと、家にいながらゆっくりとショッピングを楽しむことができます。

利用料や手数料が一切かからないのが嬉しいポイント。アプリのダウンロードおよびご利用には別途通信料がかかります。

●そんな中「しまむら」の業績悪化が続いている?

・既存店売上高が15カ月連続で前年実績を下回った

23日の取引終了後に発表した7月度(6月21日~7月20日)の月次売上速報で、

既存店売上高が前年同月比17.5%減と15カ月連続で前年実績を下回った

● 2019年2月期では、本業のもうけを示す営業利益は40.7%減

もっと「らしさ」が必要? ブーム終了? 大苦戦する「しまむら」は挽回できるか nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/19… pic.twitter.com/0Z7MTHXzX8

2019年2月期(2018年3月~2019年2月)は売上高が前期比で減り、本業のもうけを示す営業利益は40.7%減の254億円に落ち込みました。

4月1日に発表した19年2月期の連結決算は、売上高が前期から3.4%減の5459億円にとどまりました。9期ぶりに減収に転じた前期に続いてのマイナス

周年記念として打ち出した過度な値引きによる販促の失敗が不振を招き、売上高、粗利ともに押し下げた。

「しまむら」の売上の98%を占める国内事業は、上期(3~8月)の既存店売上が前年同期比6.9%減。

●「しまむら」といえば、2017年2月期には過去最高の売上高、営業利益を達成

しまむらといえば、「主婦向け格安ファッションの店」として郊外を中心に出店を拡大し、勢力を伸ばしてきました。

主力ブランドの「ファッションセンターしまむら」は1433店舗にのぼります。2017年2月期には過去最高の売上高、営業利益を達成し、飛ぶ鳥を落とす勢いでした。

しかしそこから業績に陰りが見え始め、2018年2月期は減収減益に転じ、2019年2月期には利益が2年前の半分になってしまったのです。当然、株価も大きく下落しています。

●しかし6月には、1年で「ZOZOTOWN」を退店していた

1 2 3