1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

“ミスキャスト”の反発から一転 『凪のお暇』が絶賛されている件

コナリミサトの人気漫画を実写化した2019年7月期夏ドラマ『凪のお暇』。放送前は主演の黒木華や共演の高橋一生・中村倫也に対し“ミスキャスト”との声もあったが、初回が放送されると一転して絶賛の声。原作を踏まえつつも、いい意味でそれを超えてきた演技・脚本・演出。今期の“当たり”ドラマは確定!?

更新日: 2019年10月23日

24 お気に入り 698571 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆黒木華が主演を務める夏ドラマ『凪のお暇』

累計250万部を超えるコナリミサトの人気漫画を実写化。主人公・大島凪 (黒木華)は都内家電メーカーに勤める28歳OL。空気の読みすぎで倒れた凪が、仕事も恋もSNSも全て捨てる人生リセットドラマ。

◆放送前には“ミスキャスト”と反発を招いていた

同ドラマは、黒木、高橋一生、中村倫也らのキャストが発表された当初、原作ファンの間で『イメージと違う!』と反発の声が多く飛び交っていました。

原作の凪は、『髪をストレートにすると美人』という設定。黒木は“昭和顔”で可愛らしい雰囲気はまとっているものの、手放しで美人かというと……。

根強い原作ファンが多い本作のなかでも、とりわけ強い人気を誇るのが高橋演じる慎二と中村倫也演じる安良城ゴン。キャスト発表当初は、原作との違いからか不安視するファンが少なからずいたのだ。

◆しかし初回が放送されると一転 称賛の嵐に

出典thetv.jp

黒木華と高橋一生

しかし、気になる放送後の反応はというと前評判を覆す称賛の嵐。黒木華はもちろん、不安視されていた高橋や中村を絶賛する声が相次いでいた。

流れが変わり、『最初キャスト見たときにえー?と思ったことを土下座したい』と、出演者の演技を称賛する声がSNSで相次いでいます。

視聴者からは「放送前はミスキャストとか言ってたけど、いざ1話見たらもう高橋一生と中村倫也が尊すぎて泣いた。黒木華も可愛いし、今季NO1のドラマに決定」との声も。

◆二桁の視聴率など様々な指標で好スタート

『凪のお暇』第一話が19日放送され、初回平均視聴率が10.3%だった(関東地区)。二桁スタートを切った。

webサイト「ザテレビジョン」では、7月15日~21日の「視聴熱」ドラマ ウィークリーランキングを発表。1位「凪のお暇」。第1話が放送されると、関連ワードが続々とTwitterのトレンドトップ10入り。

視聴者ドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の結果から、各作品の初回満足度をランキング化すると、100Pt 満点中94Ptという高得点をマークした黒木華主演『凪のお暇』が1位を獲得した。

凪のお暇」(毎週金曜夜10時~)の初回無料見逃し配信の再生数が、同局ドラマの過去最高記録となった(TBS FREE、GYAO!、TVerの合計値)。25日までの再生数は196万回を突破している。

◆異なる2タイプの女性を演じる黒木華が力量を見せつけた

視聴者からは黒木さん演じる凪に「リアルに共感ポイントたくさんありすぎ」などの声が殺到中。

おどおどした従順なOLが、ヒッピー風爆弾娘へ。サラサラストレートヘアから天パーへと、性格だけでなく風貌も含め幅のある2タイプにするりと成りかわり、不自然さを感じさせない。役者としての力量を見せつけた。

◆二面性のあるモラハラ男役が評判の高橋一生

出典thetv.jp

高橋一生と黒木華

慎二は「目が全く笑っていないしモラハラ野郎だけど、実は凪のことがめちゃくちゃ好きな愛情表現下手すぎ男子」という大変メンドクサイ男なのですが、高橋さんが見事に演じきって。

1 2