大卒程度の公務員試験は、主に5月~6月に一次試験が実施されます。

実施日は重なるものもあれば違うものもありますが、一次試験の実施日が違っていれば、併願受験することが可能です。

併願を考える際に、大事なことは「一次試験の出題内容をしっかりと把握すること」です。例えば、地方上級(全国型)」と「国家一般職」の併願では、出題科目の大部分は重なっています。
こうした場合は、学習すべき科目は少なくて済むので、勉強はかなり効率のよいものとなります。

以上のことから、まずは「どの職種でどのような科目が出題されるのか」をしっかりと把握し、併願を検討する必要があります。

出典併願を考える - 公務員試験|LEC東京リーガルマインド

多くの人が併願して試験を受けます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【公務員試験】おすすめ併願先6つ、迷ったらこれ!【首都圏】

就活において安定した収入と身分、大きなやりがいを求めて志望する方も多いでしょう。自分の将来を決める試験であり、合格のためにも出来るだけ多くの試験を受けておきたいところです。そこで、私が実際に併願した例をご紹介します。

このまとめを見る