国家総合職の試験の難易度は高く、二次試験では専門記述に加え政策課題討議試験もあり非常に狭き門となっています。
 しかしながら、「日程が一番早い」公務員試験となります。そのため、その後の試験の模試代わりに受ける受験生も多い印象です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【公務員試験】おすすめ併願先6つ、迷ったらこれ!【首都圏】

就活において安定した収入と身分、大きなやりがいを求めて志望する方も多いでしょう。自分の将来を決める試験であり、合格のためにも出来るだけ多くの試験を受けておきたいところです。そこで、私が実際に併願した例をご紹介します。

このまとめを見る