出典 90r.jp

試験科目(国税専門官)

民法、商法、会計法が必須になっているため、他の試験科目と被らないことが多いと思います。
国税専門官を受験される方は独自の対策が必要になるでしょう。

国税専門官が第一志望でない人は、商法や会計法は捨て、経済系など重複する試験科目に注力する方がよいといえます。
加えて専門記述があり、専門試験の難易度は比較的に高い試験科目であります。

この情報が含まれているまとめはこちら

【公務員試験】おすすめ併願先6つ、迷ったらこれ!【首都圏】

就活において安定した収入と身分、大きなやりがいを求めて志望する方も多いでしょう。自分の将来を決める試験であり、合格のためにも出来るだけ多くの試験を受けておきたいところです。そこで、私が実際に併願した例をご紹介します。

このまとめを見る