道路清掃工事の日雇い労働者が、正午からの休憩時間中に同僚と作業場内の道路に面した柵にもたれて休憩していたところ、道路を走っていた乗用車が運転操作を誤って柵に激突した時に逃げ遅れ、柵と自動車に挟まれて胸骨を骨折した(昭和25年6月8日基災収第1252号)。

何この切ないもらい事故

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

こんな事故があるの!?実際にあった労災(労働災害)事例

一瞬これが認められるのか驚くようなものもある労災事例集です。

このまとめを見る