1. まとめトップ

プロテイン=筋トレはもう古すぎる!?いま来てるプロ活の現状。一日一杯

プロテインのある生活。プロテインおしゃれ。筋トレ。ザバス。クオリティーオブライフとタンパク質。

更新日: 2019年09月06日

7 お気に入り 7563 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

HEMUHEMUさん

プロテインの基礎知識

プロテイン」とは、「たんぱく質」を英語訳したものだ。

プロテインと聞くと、日本では、たんぱく質を摂取するサプリメントとして認識されていることが多い。
プロテインの語源は、古代ギリシャのことばで、「プロテイオス」ということば。意味は「もっとも重要なもの」という意味だ。

その重要度を表すかのように、人間のカラダは、水とプロテイン(たんぱく質)の塊といっても過言ではない。
筋肉はもちろん、内臓、骨、血液、髪の毛、皮膚、爪に至るまでたんぱく質からできている。
たんぱく質が不足するとヒトのカラダは、様々な部分が機能不全に陥ってしまう。

そうならないためにも、人間にとって「もっとも重要な栄養素」である「たんぱく質」を適切に摂取するようにしたい。

プロテインサプリメントは日本でいう健康食品の一種である。これらは必須アミノ酸をバランス良く、あるいは極端に偏って配合してあり、不足が予測される栄養素を補助するために用いられる。その多くは粉ミルクに類似した外見を持つ乳白色の粉末であるが、風味を加えたものは様々な着色された製品も見られる(後述)。この粉末を水などの液体に溶いて流動食のようにして食べる

プロテインは筋トレする人たちが飲むものじゃないの?

筋トレでダイエットを成功させる鍵は、ずばり食事にあります。

そこでポイントとなるのが不足しがちなタンパク質を補うための手ごろな方法として、プロテインを利用することです。

プロテインはタンパク質を豊富に含んでいるので、食事でタンパク質が不足しがちな方におすすめです。

不足しているタンパク質が補給されれば、筋肉へも栄養が補給されるので筋トレの効果アップも期待できるはずです。

飢餓状態の体へ食事やプロテインを与えてあげるとみるみる吸収されます。
つまり、運動後は栄養素の吸収率が高いのです。

なお、運動後45分以内であれば、筋肉へのアミノ酸輸送量が3倍にアップすると言われています。

運動後は適切な栄養素をしっかりと摂取することが重要ですね。

プロテインを日常に取り込む人たち

効果があるダイエットでも、まずいと中々続かないもの。。
美味しいプロテインを探しているならザバスがオススメです。ザバスは食品メーカーの明治が出しているプロテインなので美味しく飲め、空腹時の食事代わりに飲むという方も多くいます。

プロティンダイエットのいちごミルク味を飲まれています。
腹持ちも良いようで、忙しいときの食事代わりにもしているそうです。

プロテインは忙しい現代人にぴったり

たんぱく質を意識して摂ろうとしてみると、自分に必要な量(2g/体重1㎏)を摂ろうとすると、食事だけでは意外に大変な事実に気付く。

例えば、体重70㎏の人であれば、カラダづくりに必要なたんぱく質量は、体重1㎏あたり2gで計算すると140gになる。

しかも普段の食事でたんぱく質だけを摂取できるわけではない

例えば、体重70㎏の人であれば、カラダづくりに必要なたんぱく質量は、体重1㎏あたり2gで計算すると140gになる。

これは、ステーキであれば700g程度、卵であれば20個以上、牛乳であれば、4L以上に相当する。これらを毎日とるのは現実的ではないし、余計な脂質、カロリーまで摂取してしまうことにもなる。
そうなれば、カロリーオーバーで、無駄な脂肪もカラダについてしまう可能性がある。

そこでプロテインを活用する

体脂肪をなるべく増やさずに、筋肉量を増やすためには、食事だけでは摂り切れないたんぱく質をプロテインパウダーで補うのが王道。

一方で、カラダを絞りたい時もプロテインを活用したい。絞るために、摂取カロリーを抑えた食事を行うと、どうしてもたんぱく質も不足しがちになり、筋肉も削られがちになる。
できるだけ筋肉や代謝をキープすることで、効率よく絞ることができるというわけだ。

プロテインを効果的に飲むには

タンパク質60gと言うと木綿豆腐約3丁分ですが、激しい運動やトレーニングを行う方であれば、さらに多く摂取する

必要があります。



これでは、食事だけで補うのには限界があるかもしれません。

そのような場合には、プロテインをプラスすることで簡単に不足分を補うことが出来ます。



また、普段の生活にプロテインを取り入れるなら、就寝前30分~1時間前と朝が効果的だと言われています。

脂質はできるだけ避けつつ栄養は十分に取りたいものです

ダイエット中などは、運動に加えて「低脂質・高タンパク質」の食事が望ましいですが、脂質を控えようと思うと、

どうしてもタンパク質が不足しがちです。



そこで便利なのが、余分な脂質が含まれていないプロテインです。

“プロテインは太る”と思われている方も多いかもしれませんが、実はプロテインには様々なタイプがあり、目的に合わせて

選ぶことでダイエットの強い味方にもなります。



例えば「ホエイ」「カゼイン」「大豆」などの違いはもちろん、余分な脂質を含まないものや、ダイエット時に不足しやすい

ビタミンやミネラルを含んだものなど、必要に応じて上手く付き合っていくことでより効果を高めることが出来ます。

・初心者向けで飲みやすく、他社の商品にくらべ比べ格安!

おすすめのプロテインを

1 2