これまで「マルチ関連」では健康食品や化粧品など商品に関する相談が目立っていたが、この2年間、ファンド型投資商品や副業など役務に関する相談が増加傾向となった。

国民生活センターは7月25日、このような役務型のマルチ商法を「モノなしマルチ商法」として位置付け、記者会見を開いてトラブル回避への注意を呼びかけた。

出典「モノなしマルチ商法」、被害深刻化に国センが警告

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

あまい儲け話には罠がある!【ものなしマルチ商法】

時代は変われど、若者を騙す輩がいなくなることはありません。若い方々は悪いヤツらからいつも狙われています。被害に遭わないように、または加害者にならないように注意アンテナを張り巡らせておくことが大切です。

このまとめを見る