マルチ商法の勧誘者は「マルチ商法を紹介したい」とは言いません。ただの遊びや食事の誘いがあり、会ってみると勧誘だったというケースが多い

すでに組織に加入している人がターゲットと2人で会って加入をもちかけ、後日「紹介したい人がいる」「すごく儲けている人に会わせたい」などと言って先輩会員と引き合わせます。そして複数人でターゲットを熱心に勧誘し、セミナーに誘導して組織に入らせる

メリットとして「空いている時間にできるビジネス」「いっぱい勧誘すれば自分が働かなくても収入が入ってくる」「月収○百万円の人もいる」といった言葉も使われる

出典マルチ商法は誰でも被害にあう可能性がある? 勧誘方法と被害を知ろう | 弁護士相談広場

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

あまい儲け話には罠がある!【ものなしマルチ商法】

時代は変われど、若者を騙す輩がいなくなることはありません。若い方々は悪いヤツらからいつも狙われています。被害に遭わないように、または加害者にならないように注意アンテナを張り巡らせておくことが大切です。

このまとめを見る