1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

真夏の車内はマジで地獄。。

簡単な車内の暑さ対策を知って、楽しいおでかけをより快適に過ごしましょう。

▼ すぐに効果あり!窓の速攻テク

1.まず助手席側の窓(助手席側の後部座席の窓でもOK!)を全開にします。このとき運転席側の窓含め、1か所以外その他の窓は閉めておきます。

2.運転席側のドアを数回開けたり閉めたりします。この時、故障や怪我の原因になるので、あまり強くしすぎないよう注意してください。

3.開け閉めは5~6回でOK!中の気温が外の気温と同じくらいになります。

こうすることで、より車内に外の空気がかなり取り込まれるようになるので、外気とほぼ同じ温度まで下がります。車内のむわ~っとした熱気は確実にとれます。

▼ 車外を冷やす

車の素材は鉄です。鉄は熱伝導率が高く、冷えやすく温まりやすい性質を持っています。一方、水は冷えにくく温まりにくいという性質を持っています。

自宅にホースがある場合は数十秒から1分程度、それを使ってボディに水をかけてあげましょう。

水が鉄にたまった熱を奪い、車のボディ全体をクールダウンしてくれます。

▼ 窓を少し開けておく

最も基本的な対策のひとつです。窓を開けたまま走ると車内の熱い空気が外に押し出されるため気温が下がります。

停車中も1cm程度窓を開けておくと、温度上昇をある程度防ぐことができます。

大人の手が入らない程度の隙間にとどめておきましょう。

▼ 外気導入モードでエアコンON

運転しながら熱を排出するなら、エアコンの外気導入モードを使いましょう。

すべての窓を開けたら、エアコンを外気導入モードにして温度は一番下に、風力も最大にします。

1分ほどそのまま走行し、車内の熱が下がったと思ったら窓は閉め、内気循環モードに切り替えます。

▼ チャイルドシートの熱は冷却スプレーで

子供のいる家庭で気を付けたいのが、車内に積みっぱなしで熱くなったチャイルドシートです。

赤ちゃんを乗せたいと思っても、熱いシートでは皮膚を傷つける恐れもあり、すぐに冷やしたくても大きいので保冷剤では間に合いません。

▼ サンシェードは絶対にやるべき

1 2