かつて存在した日本の(新興)宗教団体。

1988年から1995年にかけて、オウム真理教事件を引き起こし、1996年(平成8年)1月に宗教法人としての法人格を失ったが活動を継続。2000年(平成12年)2月には破産に伴いオウム真理教という名称は消滅した。

破産とほぼ同時に、新たな宗教団体アレフが設立され、教義や信者の一部が引き継がれた。アレフは後にアーレフを経てAlephに改称され、また別の宗教団体であるひかりの輪、山田らの集団、ケロヨンクラブが分派した。

出典オウム真理教 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【オウム真理教】人を殺すのが修行だった

人は誰でも、ほんの少しボタンを掛け違えるだけで、道を見誤ることがあります。

このまとめを見る