1994年6月27日深夜、松本市北深志1丁目の住宅街で、オウム真理教の信徒が猛毒ガスのサリンをまき、8人が死亡、約600人が重軽症を負った。

裁判では、教団元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(59)が指示し、サリンの効き目を試した組織的な無差別テロと認定された。

出典松本サリン事件とは - コトバンク

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【オウム真理教】人を殺すのが修行だった

人は誰でも、ほんの少しボタンを掛け違えるだけで、道を見誤ることがあります。

このまとめを見る