1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

花火大会を120%楽しむために

友人・家族・恋人・グループで「今年も楽しく花火大会するぞー」と恒例行事の方は季節の行事です。

夏の華麗な夜空を堪能するための前準備である場所取り。そのコツなどをこっそりお教えしましょう。

◾️ 場所取りの時間は早めに

一般的に花火の場所取り時間のピークは打ち上げ時間の3時間前以降です。

人気花火大会は朝から場所取りする人も多くいます。出来るだけ早い時間に場所取りをするのが成功の秘訣です。

可能なら朝~午前中がベストです。

(花火大会によっては場所取りの開始時間が決まっている場合もあります。)

◾️ 花火の発射場所をチェック

かと言ってあまり近すぎても上ばかり見て首が痛くなったり、花火の灰が降ってきたりもします。

花火への近さは好みがありますが「全体像がハッキリ見える場所」を発射台を中心に考えましょう。

◾️ 風向きと天気をチェック

晴れていても急な夕立があったりと夏の天気は変わりやすいです。また、風向きは花火が綺麗に鑑賞するためにとても重要です。

花火より風下になってしまうと花火の煙でせっかくの花火が隠れてしまいます。

◾️ 現地を実際に確認しよう

雑誌やネットだけでは入手できない生の情報が手に入ります。特に広場などでは、意外と視界を遮るものが立っていたりしていることがあります。

◾️ Google Earthで場所を確認

打ち上げ場所、最寄りの駅、そして鑑賞エリアとそれぞれの位置関係や、周りの建物を含めた風景を確認することができます。

ここは避けた方が良いポイント

◾️ 放送スピーカーの近くは避ける

1 2