1. まとめトップ

毒×毒は薬?N国党立花孝志の「NHKをぶっ壊す」したたかな戦略

参院選で躍進した #N国党 (えぬこくとう)こと #NHKから国民を守る党 に”戦争発言”で無所属となっていた丸山穂高議員が入党を表明。「NHKをぶっ壊す!」のキャッチフレーズの #立花孝志 (たちばな たかし)代表のしたたかな戦略が永田町の政治家を引っ掻き回すかも…

更新日: 2019年07月30日

2 お気に入り 4142 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まるで梁山泊…

nyokikeさん

▼”戦争発言”で無所属になっていた丸山穂高議員がN国党に入党を表明

【速報】「NHKに不満よな。丸山、動きます」と丸山穂高議員、N国への入党要請に応じる意向を固める。本日13時から先日と同じ場所で立花議員と会談。その後、最終合意できればその場にて記者会見に切り替え予定。

丸山氏は5月、北方四島ビザなし交流の訪問団として国後島を訪問した際、酒に酔い、北方領土を戦争で奪い返す趣旨の発言をし、日本維新の会を除名処分となった。

・毒をもって毒を制す…たった一点において共闘することに

北方領土をめぐる「戦争」発言などで日本維新の会を除名された丸山穂高衆議院議員が、「NHKから国民を守る党」に入党すると表明しました。

丸山氏は「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表との会談後、入党を表明。「NHKのスクランブル放送をなんとか実現するという一点において共闘する」と強調するとともに「ほかの政策については一切自由で、それぞれ判断することで合意した」とも述べました。

「国民の皆さんの(立花代表への)印象は、政見放送にしても“毒っけ”の部分を感じると思う」とした上で、「毒っけとともに、逆に人情味みたいなものも感じた。『毒をもつて毒せいす』と代表がTwitterで書かれていたが、毒は私かと(笑)。

まあ毒なんですが、立花代表も十分毒ということで、混ぜて劇薬にして、国民の皆さんが思っていらっしゃる本当に変えなければいけない部分に対して、突っ込んでいくことで薬にして、NHKの“病魔”を退治するということを熱い思いで語っていらっしゃった」と共闘に意欲を示した。

一方、立花代表は、丸山氏の「戦争」発言などに対する国会での糾弾決議について、「犯罪を犯したわけではない」と批判しています。

ワンイシュー政党にてNHK改革以外は採決も行動も発言も全て自由で一切拘束なし。他の政策は独自に動きつつ、NHKの既得権をぶっ壊す、この一点で入党要請を受け共闘。そして、NHKの既得権と戦争へ。国会で一番自由な政党、それがN国かと。詳細は全公開の記者会見動画や文面、要約記事等をご確認下さい。

▼「NHKから国民を守る党」は党勢を強めるために”訳あり議員”を取り込んでいる

「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表が、無所属の渡辺喜美参議院議員と、新たな会派の結成も含めて共闘することがわかった。

NHKから国民を守る党・立花代表「あす朝11時から2人で、国会議員かつ大臣経験者の方と一緒に、記者会見をするというのは決めている」

これに関して、「みんなの党」の代表などを務めた渡辺喜美参議院議員の関係者は、FNNの取材に対し、「N国に関して、近日中に記者会見する」と述べていて、立花代表と渡辺氏の2人で、会派の結成なども含めた共闘を発表する見通し。

渡辺氏は、大手化粧品会社の会長から借り入れた8億円を収支報告書に記載しなかったとして政治資金規正法違反などの疑いで刑事告発されましたが、東京地検特捜部は1月、政治資金と認定するだけの証拠はないとして嫌疑不十分で不起訴としました。

・秘書へのパワハラが問題視されている石崎徹議員にもラブコールを贈っている

参議院議員 #つかだ一郎 さんの奥さん #つかだ志保 さんをお招きしての新潟市下町座談会を開催❗ すぐそこで生まれ育った #塚田一郎 さんと、下町で一時期生活していた #塚田志保 さんのお話に涙を流す人もいました。奥さんも大変です。みんなで支えなければ‼️ やっぱり! #地元生まれ #地元育ちpic.twitter.com/cBeNUJDHBP

中央で座っているのが石崎徹議員

「NHKから国民を守る党」で初当選した立花孝志氏(51)は取材に、勢力拡大に向けて、日本維新の会を除名になった丸山穂高衆院議員に続き、秘書に対するパワハラが大きな問題となっている自民党の石崎徹衆院議員(35)にも、入党要請のラブコールを送っていることを明らかにした。「今政党に所属されていても、うちの党にお越し頂きたい。門戸は常に開けている」と、述べた。

石崎氏に対しては、党新潟県連が除名を含めた厳しい処分をするよう、党執行部に求める動きが出ている。立花氏は「石崎さんには、僕の方から、8月10日までに自民党を離党いただければ、うちにお越しいただきたい、というラブコールを送っている。積極的に話したい」と意欲を示した。

「すべての方にお声がけをするように動いている。今、面会の日程が決まっているのが3人、決まっていないのが1人。連絡がついていない方が6人いる」と、明かした。

▼「NHKから国民を守る党」とは何なのか…参院選で台風の目となりました

そこで立花氏はYouTuberとしての経験を活かし、SNSやYouTubeをフル活用。電話のやりとりや取材を受ける様子をLIVE配信、街頭演説やNHKの政見放送でも過激な発言を繰り返してきた。

N国は比例区で、政党名と個人名を合わせて98万7千票余り(得票率1・97%)を集めた。

参院選期間中にNHKで放送された立花氏の「NHKをぶっ壊す!」の政見放送は、ユーチューブ等の動画サイトで拡散され、320万回以上も再生されている。

1 2