1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【最新】夏休み・お盆休みのお出かけ日和!交通渋滞情報と運転注意事項

夏休みやお盆休みは家族や恋人と出掛ける絶好の行楽シーズン!しかし、高速道路をはじめかなりの渋滞が予想されます。また、今年は高齢ドライバーによる交通事故等相次いで報告されています。各地の渋滞予測と運転時の注意事項などをまとめました。

更新日: 2019年08月01日

4 お気に入り 9639 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

交通道路の渋滞情報はお盆休みが明けるまで随時更新する予定です。

2019年のお盆と渋滞情報

首都高速道路株式会社(東京都千代田区)は7月10日、首都高速における8月の渋滞予測を発表した。渋滞のピークは例年通りお盆の前週で、8月6~9日に業務交通による渋滞が発生する見込だ。また、お盆期間中(8月10~18日)は比較的交通量は少ないが、東京ディズニーリゾートやみなとみらいなどのレジャースポット周辺で渋滞が発生する見込みだという。

下り線では10日~12日に渋滞が多発する見込み。10km以上の渋滞は、10日に44回、11日に43回、12日に36回、期間中に合計で231回の発生が予測されている。このため、比較的空いている13日~14日の移動が推奨されている。

上り線では14日~15日に渋滞が多くなる見込み。10km以上の渋滞は、14日に35回、15日に36回、期間中に合計で289回の発生が予測されている。このため、比較的空いている16日~17日の移動が推奨されている。

10km以上の渋滞はお盆期間中、下り線で231回(昨年実績比7回増)、上り線で289回(同15回増)、合計520回(同22回増)発生すると予測。ピークは下り線が10日で44回、上り線が15日で36回発生するとみている。また30km以上の渋滞は、下り線で12回(同13回減)、上り線で12回(同3回増)、合計33回(同10回減)発生すると予測している。

◎全国の渋滞予測(動画解説)

【NEXCO東日本】の渋滞予測

【NEXCO西日本】令和元年 お盆渋滞予測

昨年のお盆の渋滞情報

NEXCO中日本
渋滞発生箇所:下り/E1東名高速道路 山北BS付近47.5km
ピーク、原因:8月11日1時25分ごろ、事故および交通集中

渋滞発生箇所:上り/E1東名高速道路、大和TN付近33.9km
ピーク、原因:8月16日17時20分ごろ、交通集中および事故および故障車

NEXCO西日本、JB本四高速
渋滞発生箇所:下り/E1名神高速道路 旧山科BS付近52.3km
ピーク、原因:8月10日16時55分ごろ、交通集中および事故

渋滞発生箇所:上り/E1A新名神高速道路 金勝山TN付近41.9km
ピーク、原因:8月9日11時25分ごろ、事故および交通集中

渋滞は事故を増加させる要因の一つ

疲労がたまったタイミングで渋滞に遭遇した場合、集中力も落ちているため大きな事故につながりかねません。

交通量が多くなると渋滞が発生し、事故につながる危険性が高くなる

夏休み・お盆休みの交通事故

夏休みのシーズンに入ると、普段は学校にいる昼間の時間帯にも子ども達は外で遊ぶようになり、交通事故のリスクも高まります。

2017年8月(月間)は、3万9858件の人身事故が発生し310人が死亡しています。負傷者は5万0074人です。年間でみると死者数は5番目に多く、負傷者数は3番目に多い月でした。

健康起因による交通事故は、64歳以下は一年をとおして大きな変化はないものの、65歳以上になると6月~8月にかけて急増するというのである。

広島県警交通企画課の佐賀剛管理官は「夏休みは開放感から、子どもが事故に巻き込まれやすい時期。生活環境が変わるので十分に注意が必要」と訴える。

交通事故が増える理由と多い場所

1 2