1. まとめトップ

【ヴィーガンと栄養】菜食主義のアスリートが増えている理由

ヴィーガンって栄養失調で早死にするんじゃなかったの?『植物も命だし、いただきますの精神が大事。』『思想を押し付けるな、ヴィーガンはカルト』など、偏見を解いていきたいと思います。

更新日: 2019年08月05日

4 お気に入り 3235 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

最近何かと話題の菜食志向。どうして世界中で菜食志向の人が増えてるんでしょうか?体力が必要なアスリートまでヴィーガンが増えてます。このまとめでは、日本人が抱く色んな思い込みが変わるような情報を紹介します。

dogpatchさん

前提条件の変化

肉も卵も乳製品も摂らないヴィーガン食。昔は栄養が足りなくて危険というイメージが多く、実際に挑戦して上手く行かなかった人もいた。
 
しかし、現代では普通の人でもプロテインシェイクを飲んだり、美容や健康のために様々なサプリメントを日常的に摂取するようになり、また赤ちゃんも母乳がなくてもちゃんと育てることが可能に成るなど、代替品の開発も進んでいる。
 
それを受けて、10万人以上の栄養学のスペシャリストから成る Academy of Nutrition and Dietetics
や British Dietetic Association は、子供や妊婦であってもヴィーガン食でも問題なく生活できると結論を出し(*1)、健康や環境の為に肉や乳製品の消費を控えるよう推奨している。また、American Heart Association も心臓や血管の疾患リスクを大幅に下げるとして菜食を推奨してる(*2)。

*1 https://www.eatrightpro.org/media/press-releases/positions-and-issues/vegetarian-diets-can-be-nutritious-healthful-environmentally-sustainable-choice-updated-position-paper-from-academy-of-nutrition-and-dietetics

*2 https://www.heart.org/en/healthy-living/healthy-eating/eat-smart/nutrition-basics/vegetarian-vegan-and-meals-without-meat

ヴィーガンって栄養失調で早死にするんじゃなかったの?

(設定で日本語字幕がつけられます)今年の秋に公開予定の映画、The Game Changers. 制作は「ターミネーター」「タイタニック」「アバター」などのジェイムズ・キャメロン監督、元ボディービルダーで俳優のアーノルド・シュワルツネガーやジャッキー・チェン、テニス選手のジョコビッチやカーレースのチャンピオン、ルイス・ハミルトンなどそうそうたるメンバー。今まで不健康、不可能と思われていた菜食主義アスリート達のイメージを払拭するだろうと話題の映画だ。

100歳超えのビーガンもいる。50年以上ヴィーガン生活をして、105歳で亡くなった元心臓外科医(95歳まで現役)。98歳の時のインタビュー映像。「私はいつも菜食に興味がありましたが、栄養について不安がありました。しかし、ビタミン B12のサプリをたまにとれば全く問題が無いということが分かり、完全にヴィーガンになりました。栄養的に優れた食事だと思います。私の患者にも、植物ベースの食事を勧めてきました。動物性脂肪とタンパク質には弊害が多すぎます。」亡くなる直前まで杖も突かず階段も登り降りしていた。全く長寿の家系ではないともコメント。

Thomas DeLauer プロテインを解説。「牛乳由来の全てのプロテインの問題は、多量のロイシンが含まれていることです。ロイシンは筋肉増大に効果的ですが、インスリンも多量に出るので、体脂肪も増えます。また、カゼインも多く含まれています。カゼインの問題は、消化に非常に悪く、またモルヒネのような作用を脳に起こすので、中毒性があります。それに加え、炎症物質だということです。最悪です。私は、カゼインを摂取して素晴らしい肉体を手に入れた人を見たことがありません。ビーフプロテインもジャンクです。(略)私は個人的には、ヘンプとピープロテイン(豆プロテイン)を使っているし、勧めます。」*彼は菜食ではない。

「実写ワンパンチマン」と称される自重トレーニングのスペシャリスト。インスタグラムのコメントで:「プロテインはどうしてるの?」「僕はビーガンだからプロテインは足りてないよ。ほらご覧の通り、全然足りてないだろ(皮肉)」。菜食は疲労回復が早いし、筋肉も効率よくつくと説明。圧倒の説得力。。。

肉信仰への懐疑

ケトン・ダイエットやパレオ・ダイエットなど、炭水化物を控え、肉や卵などを中心とした「原始人的」ダイエット。短期的に体脂肪を減らすことが出来、中には糖尿病が治ったと言う人もいる。しかし、長期的に見るとリバウンドする人が多く、心臓や腎臓などへのダメージも懸念されている。また、原始人が肉食中心だったとは言えないと言う声もかなり多い。

炭水化物ゼロ、超肉食を推奨していた(元)ドクターShawn Baker氏。特にこの15ヶ月は「肉は全てのビタミンとミネラルがある完璧な栄養源、炭水化物による害の心配もない」と肉オンリーを奨めていた。が、血液検査の結果、なんと腎臓炎を発症していて、糖尿病になっていたことが発覚。さらに、男性ホルモン値も100歳の老人以下(というか女性以下)にも下がっていて、当然悪玉コレステロールも基準値の上を2倍超え。それでも本人は「問題ない」の一点張り。今流行りのパレオやケトン食の肉信仰に疑問が投げかけられた。

『でも、ヴィーガンはサプリが必要な不自然な食事じゃないか』

ヴィーガン食では、確かにビタミンB12のサプリが必要だ。人によっては海藻由来の DHA もとるだろう。確かに自然ではないかもしれない。でも、そもそも家畜の存在が自然とは言い難いし、家畜の餌もあまり自然ではない。特に日常食べる安めの肉は、本来食べない物を餌で与えて育てられているため(牛は本来草しか食べないが、穀物を与えている)、餌にサプリが混ぜられている。抗生物質や、輸入品ならホルモン剤が与えられることもある。だったら、直接自分でB12ぐらい摂取するのが合理的だと思う人も多いだろう。

『ビーガン食で不健康になった人もいる』

ヴィーガンでマッチョな人も華奢な人も太った人もいる。雑食性の食事と同じだ。ヴィーガンジャンクばかり食べれば不健康になるし、トレーニングと栄養の知識をつけて素晴らしい肉体も手に入る。生まれた時からベジタリアンで、ビーガンになってから記録を伸ばしたアスリートもいるし、その数は今後増えていくと言われている。

生まれた時からベジタリアン。ビーガンになってからサーフィンの世界チャンピオンに。

生まれた時からベジタリアン。ビーガンになってボディービルダーデビュー。「どの野菜にもプロテインがあるし、抗酸化作用や、色んなビタミン、ミネラルなどたっぷりなんだ。ビーガンをハンデと思い込んでる人が多いけど、肉を食べる方が回復が遅れて『制限』されるんだよ。」「みんな本当に植物から筋肉はできないって信じきってるんだ。サプリはとってもビタミン B12, D3, DHA だけだよ」ステロイドの使用は否定しているが、もし使っていても、肉を食べるボディービルダーでさえ普通にステロイドを使用しているため、それが悪いと言う訳ではな。

『植物も命だし、いただきますの精神が大事。』日本ではあまり意識されない環境破壊。家畜以外の自然動物の絶滅危機。

食肉が自然破壊の大きな原因と言うのは覆せない世界の常識となってきた(鳥豚インフルは畜産で悪化、日本の家畜の飼料のほぼ100%は海外の森林を伐採して耕したトウモロコシや大豆。動物の排泄物や屠殺時の体液が土壌や水を汚染など)。植物も同じ命って思うのは素晴らしい感性だけど、食肉は菜食にするより何倍もの動物も植物も人も犠牲になっている。絶滅危惧種の動物は年々増えるばかりだ。「いただきます」を本当に理解しているだろうか。偽善はどっちだろうか。ヴィーガンが完璧じゃないのは誰でも承知。でも、マシな方を選びたいのは当然ではないだろうか。

各食生活でのCO2排出量の違い。日本と違って海外では食物の自給率が高く(特にアメリカ)、食による環境破壊、それによる健康被害についても身近に感じやすい。アメリカでは作物の60−70%が家畜の餌用に栽培されおり(日本への輸出用も含む)、アマゾンでは80%以上が家畜の餌用と言われている。

消費する水の量の違い。ヴィーガンの栄養をまかなう為の植物を育てるのに必要な1年分の水の量が、食肉すると家畜の飼育のために1ヶ月で費やされてしまう。水不足になりがちなカリフォルニアでベジタリアンが増える理由の一つだ。

『思想を押し付けるな、ヴィーガンはカルト』

事実や科学的な根拠に基づいて「それは事実と違うよ、偏見だよ」って教えようとすることも、カルトなのだろうか。「ヴィーガンはビタミンB12欠乏で凶暴、不健康なイメージがあるし、環境破壊説も疑わしい。それに、私には動物と植物の区別がつかない。世界はどうせ犠牲でなりたってるから、『いただきます』って免罪符でそれ以上は考えないようにしてる。っていうか、ヴィーガンという言葉を見るだけでイライラする。」っていう方が感情的で危険思想に見えてこないだろうか。

『ビーガン食は不味そう。食文化はどうすんの』

豆腐も、お麩も、湯葉も、がんもどきも、肉が食べれないことから工夫して作られた食材だ。海外でも、肉に変わる食材や、美味しいレシピがどんどんできている。菜食は実は人の創作意欲を掻き立てる、豊かな食文化の一つだと思えてこないだろうか。

『そこまでして肉喰いたいなら素直に食えば良いじゃん』

本当はお酒が大好きだけど、色んな理由でノンアルコールにしてる人に「本当は飲みたいんだろ、飲めば良いじゃん(笑)」って言う人はいない(いるかもしれないが、その人を肯定的に見るひとはいないだろう)。肉が好きでも理性で止めてる人は、どうして非難の対象になるのか。

1 2