1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

暑い夏には、もう欠かすことができない水筒ですが、使い方を間違うと早く錆びてしまったり、成分が飲み物に溶け出してしまうかもしれません。ついつい、やってしまいそうなやってはいけないことはどんなことがあるのでしょうか?

武庫之守さん

スポーツドリンクを入れてはいけない!

「ポカリスエットは塩分を含んだ酸性の液体です。長時間金属にふれていると、金属をサビさせたり、酸の影響で容器から金属が溶け出してポカリスエットの風味が低下したり、容器をいためてしまうことも考えられます」

近年では、スポーツドリンク対応の水筒も販売されています。
スポーツドリンク対応は、フッ素加工を2倍にしています。
スポーツドリンクを入れて、使いたい場合は、対応した水筒を購入してください。

食器洗浄機、食器乾燥機を使用してはいけない!

炭酸飲料もNG

水筒は密閉率が高いため、炭酸飲料を入れてキャップを閉めると、内圧が上がって蓋が開かない可能性もあります。

1