1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

そりゃ少子化になるわけだ。

□ いーよなー毎日休み

もうすぐ出産で退職する私にクソ上司は何回も何回も何回も「いーよなー毎日休み」「専業主婦とか何もしなくていいじゃん」「赤ちゃんなんてほぼ寝てるだけだしずっとテレビ見てんの?」って言ってくるんですがこの人二児の父親なんですよ。 何もしてこなかったんだろうなって。

ちなみにつわりで廃人になってお休みいただいてる時もやたら電話してきて「毎日Netflix?」「大げさ〜」「ちゃんと食べなきゃダメだぜ赤ちゃんに栄養いかなくてかわいそう」「いま無理矢理でも食べないと好き嫌いする子になる」などおっしゃってましたねぇ。Netflix見てる余裕なかったですねぇ。

毎日休み?
いいえここは戦場です。

□ 計画を守らない妊娠には産休を適用しません

本日女性保育士に園側からの注意 「安易な妊娠をしないように。計画を守らない妊娠には産休を適用しません。必ず相談して下さい」 すごいわ!流石に妊娠の心配の無いわたくしも絶句しましたよ。相談って何?えっちするのにも許可いるのですか?本日、旦那に中出ししてもらいますとか?少子化に拍車!

保育士が本当に本当に居ないんです。バタバタ辞めて、わたしは完全に波に乗り遅れたんだけど、これ以上辞めさせない対策ってこれじゃ無いと思うのです。先ずは今居る保育士大切にすることなのに、何でこういうことになるんだろう。上層部はおバカさんしか居ないのかな?流石にバカだなと思った一年目。

酷いって思いますけれど、仕方ないくらいに保育士が不足してるのです。これ以上人が減ったら今いる子どもに辞めてもらわなければならない。求人なんて4月から出してるけど、入っては辞めるの繰り返し。保育士は本当に居ないんです。派遣さんすら来ない。皆んな環境の良いところに就職しますからね。

こんな状態でも大事なお子さんをお預かりする為に保育士は頑張ってサービス出勤残業で頑張ってきました。でも限界も来ています。疲れの溜まった笑ってない保育士。いつまでもアナログ。パソコン使うと温かみが無いと言われて全て手書き。保護者は言いたい放題。これで無償化とか、、、保育士が死ぬ!

もしかして日本って妊娠するにも上長印要ります?
すいません浅学で・・・。

□ あっという間にセ・パ両リーグ制覇

モラハラ上司が私が産休入ることをチームに周知。 「体を見ても分かるようにリリさんはご妊娠していて。」 おいその前半のくだり要らないだろ。 人の体型に視線集まるような言い方に悪寒。 パワハラするやつはセクハラも簡単にするからあっという間にセ・パ両リーグ制覇。

□ ボケ〜〜〜〜!!

男上司が「面接に来た女性が産休育休のことばっかり聞くから働く気あるのかと思った」とか言ってたけど働く気あるから知りたいんだろうがボケ〜〜〜〜!!てキレちゃった 悪いこと言わないからうちはやめときな!

その上司、脳みそ足りてないみたいなんで持ってきました!

□ 子供3人産まないといけない発言はある一方

産休に入る方がいるのですが、男性上司もお局も「昔だったら辞めるのが当たり前だったのに。いい時代になったわね」とか平気で言うので、子供3人産まないといけない発言はある一方で、世代間を断絶する意識の差みたいな溝は、マリアナ海溝やフォッサマグナ並みに深くズレがあるなと思うばかりです。

□ 結婚報告したら仕事を失った話

結婚報告したら仕事を失った話①〜④ 描き次第続きアップします。 pic.twitter.com/Y1dTKSUZ4P

結婚報告したら仕事を失った話⑦〜⑧ 楽しくない暗い話にお付き合い、ありがとうございました。 pic.twitter.com/krMTSPcHS7

もしその時が来たなら、男女問わずたくさんの人の産休や育休をサポートしてあげられる人になりたい。 目標はそれだけです。

「まぁ、でも結婚することがまず迷惑」。
自分の人生を送っただけでこんな風に言われる社会、変えて欲しい。

□ 産休に入る申し訳なさすぎて

復帰して1年後に産休に入る申し訳なさすぎて、 ・案件をやりきって産休に入ります。 ・上司や後輩、メンバーに迷惑をかけるので保育園と相談の上、できうる上で残業します。体調も良いので裁量に戻す考えです。 それでも物足りないくらいだと思っている。でも女性の後輩たちに悪い見本かも。

子供を産むことに罪悪感。
そんなの感じなくて良いはずなのに・・・。

□ 今の会社には本当に感謝してます

今の会社には本当に感謝してます。 結構なマタハラあったけど、今は産休手当や育児休業給付金の手続きの申請に協力してくれてるだけで御の字です。育休明けに人員削減の為リストラがあるかもと言われたけどいじめもあったしそれで退職でもいいって思う。 新しい縁がきっとあるよ。うん。きっとある。

1 2