1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

え、!?知らなかった。。

「若者の○○離れ」というワードがメディアで取り上げられている。

「若者の○○離れ」といえば最近のバズワードにも思えるフレーズですが、少なくとも46年前から使われていた言葉なのです。

特に多い若者の〇〇離れをご紹介

① タバコ離れ

若者の◯◯離れ」なんて話はみなさんもう聞き飽きたと思われますが、たばこも若者が離れているものの一つに数えられたりしますね。

タバコという娯楽よりも、もっと楽しいことを今の若い世代は見つけたといったところでしょうか!!

② アルコール離れ

「そういや、最近ビールって、まったく飲まなくなっちゃったな」と感じた方も多いのではないだろうか。

バブル期あたりまではイッキだ、今夜はオールだなんて感じで、バカバカ飲んだ日本人も往時の20%減の勢いでしか酒を飲んでいないのだ。

ネットには匿名性があり、コミュニケーションが苦手な人でも自由な意見を発信できます。SNSを活用することで、全世界に自己開示もできます。

つまり、お酒の利点だった「緊張をほぐす、本音を言いやすくする、自己開示しやすい」といった効果が、ネットで代替できるようになったのです。

③ 車離れ

若者の車離れがささやかれて久しい昨今ですが、そもそもどうしてそんなことが起きているのか?

とはいえ、現在は経済的な理由など様々な原因により自動車を保有することが難しく、購入を後ろ倒しにしていることから、若者の自動車保有率が落ち込んでいると見ることもできるといえるでしょう。

④ 恋愛離れ

「草食系男子」「絶食男子」など、恋愛に対して消極的なイメージの男性を指す造語が次々と生まれてきたように、ちょっぴり奥手の方が多くなっていることが今回の結果にも反映されているようです。

または、仕事や趣味、スキルアップするための勉強など、全てに全力でぶつかっている場合、ついつい恋愛が後回しになってしまう、なんてこともあるかもしれませんね。

⑤ 結婚離れ

「少しぐらい遅くなっても」と考える男女が増えたことも若者の結婚が減った理由でしょう。

1 2