昔は部活動中に水を飲んではいけなかったとされていたのは有名な話です。

そもそものきっかけは戦時中に野球弾圧があったことだとされているようです。
野球は敵国のスポーツですから、弾圧の対象になってしまった

弾圧から野球を守るために自説を曲げて「野球の練習は良い兵士を育てる訓練になる」と宣言した

不本意ながらも政府や軍へのアピール的な練習になっていった

戦場では水が飲めないことは普通にあるわけですから、水を飲めない環境に慣れる必要があります。

ですので、仕方なく野球の練習中に水を飲まないようにしていった

出典水を飲んではいけないとされた由来や原因は?体育会系の理不尽な部活動 | 野球のメディア

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

昭和のスポーツ選手が強制されていた理不尽なこと…だらけ

今では信じられないですが、昭和のスポーツ界では「練習中に、水を飲んではいけない」というようなことが、まことしやかに信じられていました。吉田拓郎さんは「イメージの詩」の中で、「古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう」と歌っています。

このまとめを見る