練習や試合中の水分補給は我々世代の数年後に“解禁”された。

 きっかけは、スポーツドリンクの草分けで、アメリカのストークリー・ヴァンキャンプ社(現在はペプシコ傘下)が製造・販売する清涼飲料水「ゲータレード」の登場だ。スポーツには水分補給が有効という文化とともに、スクイーズボトル(水筒)などのグッズも一気に広まった。

出典「練習中に水飲むな!」夏の高校野球、昭和の理不尽シゴキを振り返る | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

昭和のスポーツ選手が強制されていた理不尽なこと…だらけ

今では信じられないですが、昭和のスポーツ界では「練習中に、水を飲んではいけない」というようなことが、まことしやかに信じられていました。吉田拓郎さんは「イメージの詩」の中で、「古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう」と歌っています。

このまとめを見る