1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

夏の最大の敵「熱中症」

熱中症は、暑さによって体内の熱を発散することができなくなって起こる、体調不良です。

そこで、“いざ”という時に役立つ応急手当の方法を「熱中症」を中心に身に付けて置きましょう。

熱中症の人を見かけたら・・・

▼ 涼しい場所へ移動させる

風通しのよい日陰や、できればクーラーが効いている室内などの涼しい場所へ移動させましょう。

▼ 衣類をゆるめて休ませる

また汗で非常に服がぬれている場合は着替えるものが有れば着替えさせましょう。

▼ 楽な体勢にする

立ちくらみがある場合などは、足側を高くします。

ドライフィット(汗をかいてもすぐに乾きやすい洋服)等に着替えることがお勧めです。

▼ 身体を冷却する

露出させた皮膚に冷水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことにより体を冷やします。

氷のうなどがあれば、それを首の両脇、脇の下、大腿の付け根の前面に当てて皮膚のすぐ近くにある太い血管を冷やしましょう。

▼ 水分・塩分を補給する

汗をかきやすい状況では、水分だけでなく体内の塩分も失われています。水分だけを補給すると、血液中の塩分濃度が下がり、かえって熱けいれんを引き起こす要因にもなります。

吐き気などの症状がない場合は、スポーツドリンクなどで水分と塩分を同時に補給しましょう。

塩分補給には塩分を含むあめやタブレットもおすすめです。

(嘔吐している場合は水分を飲ませることは避けましょう)。

▼ 回復体位・気道確保と姿勢の安定

1.患者さんを横向きに寝かせ、下側の腕を前方へ出し、上側の腕を曲げて患者さんの顔を上側の手の甲にのせます。

1 2